「ルパンの娘」文庫本を深田恭子でドラマ化!あらすじネタバレ注目 

芸能

毎週木曜22時フジテレビ系でスタート「ルパンの娘」

原作である「ルパンの娘」文庫本はドラマ化するのは深田恭子さん

映画「ヤッターマン」でドロンジョを演じて以来の泥棒役になるそうです。

ドラマ「ルパンの娘」の詳細もチェックしてみました。

またドラマ「ルパンの娘」あらすじと文庫本のネタバレにも注目です。

 




「ルパンの娘」文庫本を深田恭子でドラマ化

 

「ルパンの娘」は、泥棒一家の娘と警察一家の息子の許されない恋を描くラブコメディ。

原作は推理作家の横関大の2015年に発表した小説。

 

「ーーわたしは泥棒の娘。

結婚を考えた彼は警察官でしたーーー」

 

放送日:2019年7月放送スタート 毎週木曜 22:00~22:54

放送局:フジテレビ系

原作:横関大「ルパンの娘」講談社文庫

脚本:徳永友一(「ストロベリーナイト・サーガ」)

演出:武内英樹(「翔んで埼玉」)

 

◇登場人物 

 

三雲華(みくもはな)・深田恭子

泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘。

家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、

普通に生きていくために図書館司書として働く主人公。

警察一家の息子・桜庭和馬と真剣交際しているが、

ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまう。

【コメント】

「原作と脚本を読んで面白さに衝撃を受けたので、

その時に感じた思いをそれ以上にして皆さまにお届けできたらなと思っています」

 

桜庭和馬・瀬戸康史

泥棒逮捕を専門とする警視庁捜査三課に勤務している和馬は、

捜査一課への異動を条件に両親に華との結婚を認めさせ、

捜査一課への異動のため、

警視庁内でも有名だが誰もその素性を知らない“Lの一族”を逮捕することを狙う。

【コメント】

「この作品はかなりぶっ飛んだ設定の上、

監督からどんな要求をされるかわからない、

脚本を読んだだけでは想像できないことだらけです。

監督からは“現代版ロミオとジュリエットを真剣に演じてくれれば絶対面白くなるから”

という言葉をいただいたものの、本当に大丈夫なのか?と震えています。

“これは武者震い……これは武者震いだ”と自分に言い聞かせ、

監督やスタッフ、キャストの皆さんを信じ、

全てをさらけ出すのみといった心境です。

是非、お楽しみに!」

 

三雲尊・渡部篤郎

華の父。

尊は美術品専門の泥棒で、品のあるダンディーな男。

美術品のみならず、三雲家が住む高級タワーマンションで他の住人からキャビアや高級ワインなども調達してくる。

また三雲家の指示系統の主軸的存在で、

華が家業を継がないことをよく思っておらず、

長男も引きこもりという現状に、

“Lの一族”が自分たちの代で終わってしまうかもしれないと危惧している・

【コメント】

「原作も脚本も読みましてイメージはつかんでいますが、

武内(英樹)監督の手にかかると、その雰囲気もガラッと変わるのかなとも思っています。

武内監督はヒット作をたくさん作っていらっしゃるので、乗ってみようと。

あらがっても仕方ないですしね(笑)

年齢を重ねるごとに見て下さるお客様に楽しんで頂けるエンターテインメント作品を

お届けしたいという気持ちが強くなっているので、

今回のような作品に出会えて本当にうれしいです。

ラブコメディーなので、きっと深田さんや瀬戸君が頑張ってくれると思います。

もちろん、僕もちゃんとやります(笑)」

 

三雲悦子・小沢真珠

華の母。

悦子は55歳という年齢を全く感じさせない妖艶な雰囲気を持つ宝飾品専門の泥棒・

【コメント】

「読んですぐに“面白い!”と感じました。

笑ってしまうところがたくさんあって、

最初は普通に自分が出ることを忘れて楽しんで読んでいました。

この面白さについていけるように頑張ります。

前回、映画『翔んで埼玉』(2019年)で武内監督とご一緒させて頂いて、

その時の役も結構、強烈なキャラクターでした。

今回は違う役ではありますが、そのはじけかたも要素として大切に入れ込んでいきたいなと思っております。」

 

三雲渉・栗原類

華の兄。

渉は三雲家の中で唯一物を盗むわけではなく、

情報を巧みに盗み出す引きこもりのハッカー。

【コメント】

「瀬戸さんとは本当に久しぶりの共演で、

前回は敵対関係でボコボコに殴り合う役だったのですが、

今回も互いに仲良くできなさそうですね(笑)。

ですが、実際は仲良くさせて頂いているので、また共演できるのはうれしいです」

 

三雲マツ・どんぐり

華の祖母。

どんなかぎでもいとも簡単に開けてしまう敏腕かぎ師。

【コメント】

「本当にびっくりしています。

ドッキリカメラではないかと思った時がありました(笑)。

自分のキャラクターを活かせるよう、成長できるよう、精いっぱい頑張ります」

 

三雲巌・麿赤兒

華の祖父。

華が幼い頃、スリの技術を直伝した伝説のスリ師。

【コメント】

「今までに無いようなドラマだと思いますし、

奇想天外で“どうなるんだろう”と楽しみにして頂けるかなと思います。

ハラハラドキドキで、ありえないようでありえるリアルが出せたら面白いと思うので、

監督の頭の中にある構成を、ぜひ楽しんで頂けたらと思います」

 

 

「ルパンの娘」あらすじ

 

泥棒一家「Lの一族」のは悪党しか狙わないことをモットーとしています。

主人公・三雲華はそんな「Lの一族」の優秀な娘。

華は家族の誰よりも盗みの才能があるものの家業を継ぐことを拒み、

図書館司書として働いています。

私生活で華は警察一家の息子の桜庭和馬と真剣交際中。

そのため、「Lの一族」が計画する盗みの先には当然のように、

華の恋人で警察である和馬が関わってきてしまいます。

和馬が悪党たちに襲われて窮地に立つと、華は大好きな和馬を救うため葛藤しながらも、

一家の泥棒の手助けをしてしまう。

 

これは、泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛。

 

世にも不思議なロミオとジュリエットの物語となっています。

 

「ルパンの娘」ネタバレ

 

今回のドラマの原作は2015年8月に発表され、

この春にも各書店の文庫売上1位を獲得するなど、

ロングセラーとなっている横関大さんの「ルパンの娘」

今回は原作のネタバレをまとめてみました。

原作をまだ読まれてない方はお気をつけください。

 

また、原作はU-NEXTでチェックすることができます。

31日間無料体験で原作「ルパンの娘」を読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

➡︎「U-NEXTの登録方法」

 

※ここから先は原作「ルパンの娘」のネタバレとなりますので希望されない方はお気をつけください。

 

三雲華(みくも・はな)は恋人の桜庭和馬(さくらば・かずま)の家に挨拶に行くこととなった。

緊張する華にたいして、和馬は優しく話しかける。

ついに桜庭家に到着した華は、玄関に飾られていた桜庭家の家族写真を見て唖然とした。

全員が警察の制服らしき服装に身を包み、それぞれ敬礼のポーズをしていたからだ。

最悪だった。

華が育った三雲家は、代々泥棒を生業としており、一家全員が盗人だったからだ。

 

果たして華と和馬の恋はうまくいくのか――。

 

その後のある日、荒川の河川敷で男の焼死体が見つかり、和馬は現場に急行した。

その被害者は華の祖父、三雲巌(いわお)だった。

超一流の泥棒であった祖父を殺した犯人とは――。

 

家族の中で一際盗みの才能を持つ華は、一族のために盗みを働きますが、

抜けている一面もあるためトラブルが発生し、自暴自棄になる面も。

 

和馬には華が泥棒一家「Lの一族」の娘が華だとばれてしまいます。

しかし結果的に泥棒一家の娘と警察一家の息子は結婚します。

二人の私生活はどうなるのでしょうか・・・。

 

第一章 刑事と結婚する方法

第二章 刑事は泥棒がお好き

第三章 招かれざる泥棒

第四章 泥棒より愛を込めて

と4章に分かれています。

気になる方はぜひU-NEXTで無料体験をして読んでみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました