君が僕らを悪魔と呼んだ頃無料で読むには?4巻あらすじネタバレ 

U-NEXT

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」

1巻~3巻のあらすじやネタバレはこちらから。

 

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」1巻ネタバレ

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」2巻ネタバレ

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」3巻ネタバレ

 

主人公はついになくしていた半年の記憶を取り戻します。

校舎裏で埋められていた死体の男の正体が判明!

さらに終盤では遂に一ノ瀬明里も登場!

果たして4巻はどんな展開になるのでしょうか。

また、「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」無料で読むことができるのはご存知ですか?

今回は無料で読む方法も教えちゃいます。

4巻あらすじ・ネタバレも載せていますので参考にしてみてくださいね。

関連記事:「U-NEXT 登録方法」

 




「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」無料で読むには?

 

この作品からはいじめという消えない罪がどんなものなのか、嫌というほど伝わってきます。

加害者は忘れることはできても、被害者は忘れることはできないのです。

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」を多くの人に読んでもらい、消すことができない罪、

いじめというむごい行為はどんなものなのか、を知ってほしいと思います。

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」を無料で読む方法はU-NEXTに無料体験をすることです。

31日間無料で楽しむことができます。

もちろん「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」1巻~7巻も読むことができます。

31日間の無料体験中に解約をすれば完全無料なのでご安心してください。

ぜひU-NEXTで無料体験してみてくださいね。

▼登録はこちら▼

▶︎「U-NEXT 登録方法」

 

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」【4巻・あらすじ】

記憶の断片を頼りにたどり着いたのは、かつて自らが犯し、

傷つけた少女一ノ瀬明里と過ごした思い出の町。

そこで甦る、過去の真実。

明里との生活、殺人の記憶、失踪の顛末。

取り戻した記憶が、切り離したはずの罪の意識とともに悠介に重くのしかかる。

━━犯した罪からは、決して逃れることはできない。

 

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」【4巻・ネタバレ】

 

1~3巻の復習をしてから4巻のネタバレを読んでみてくださいね。

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」1巻ネタバレ

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」2巻ネタバレ

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」3巻ネタバレ 

 

※ここからは4巻のネタバレとなりますので、希望されない方はお気をつけくださいね。

 

 

2人で逃避行をすることを決めた主人公・斎藤悠介と一ノ瀬明里。

彼女が昔実の両親と暮らしていたこの港町に行きたいといいやってきました。

 

話は現実に戻り、環に告白します。

 

「そこで殺しちまったんだ。もう一人の悪魔を」

 

それは悠介が唯一覚えていた記憶

ーー廃校舎の花壇に埋まっていた死体の男の事。

 

悠介がユーサクという偽名を使い一ノ瀬がチサトという偽名を使い暮らしていた二人。

町の人は人が良く、二人のことは詮索することはありませんでした。

ユーサクは漁師見習い。

チサトは近くの食堂で働くようになりました。

それなりに充実した毎日を過ごします。

殺したいほど憎んでいる相手なのに自然と笑みがこぼれることも多く、

幻聴も聞こえなくなりました。

 

そんな二人の元へ一人の男が現れます。

突然、二人に忍び寄ってきた男は手に持っていた石で悠介に殴り掛かります。

倒れこんだ悠介に追い打ちをかけてきます。

二人は体格差もあり、悠介が敵うわけもありません。

その男は一ノ瀬の両親を殺した犯罪者でした。

一ノ瀬の母に惚れていたのですが、全く相手にされず、

両親が乗っていた車を事故に見せかけて殺した犯人なのです。

10年の刑期を終え出た瞬間、生き写しとも思える一ノ瀬にさらに復讐するべくやってきたのです。

必至に抵抗する悠介。

しかしその男に一人では敵わない、悠介に湧きおこってきたのは憎悪でした。

 

「殺してやる 殺してやる 殺してやる」

 

動かなくなった悠介の横で、暴行されそうになっている一ノ瀬。

しかし運よくアケミのママがやってきてくれました。

猫スケが助けを呼びに行ってくれたのです。

これ以上騒ぎになるのはまずいと思った男は一ノ瀬の顔を殴ると姿を消しました。

せっかく癒えかけていた心に再び傷を負ってしまった一ノ瀬は自殺未遂を図ります。

最近では打ち解け始めていた悠介にも当たってしまいます。

 

「悪魔の癖に今更なによ!!」

 

悠介は悪魔らしく一ノ瀬を落ち着かせます。

 

「お前は餌だ。あいつに殴られた礼はきっちり返す。」

「だからお前は生きてなきゃだめだ!!」

 

悠介はとても悪魔とは思えないような顔をして言いました。

それは彼女を守り抜こうという意志が感じられる顔でした。

 

その男は翌日から不定期に現れます。

無言で扉を叩いては何も言わずに帰っていきます。

そんな日々が1カ月も続き二人は疲れ切っていました。

唯一の救いは近くに住む漁師のケンヂが毎日差し入れをしてくれて色々と面倒を見てくれること。

ついに男は二人の真横の部屋へと引っ越してきました。

もうこれ以上は我慢の限界。

悠介は全てを終わらせるために男をあの廃校舎へおびき寄せます。

 

悠介が保健室のベットの下に隠れ潜み、一ノ瀬が男を誘い出す様にする作戦。

ですが二人で過ごしていた時間は悠介から悪魔を追い出したようで強がって見せていることを一ノ瀬は気付いていました。

一ノ瀬は自分一人で終わらせるために男を悠介が潜む場所とは別の教室へと誘導します。

そして、その胸にナイフを突き刺したのでした。

不意を突いてナイフを突き刺した一ノ瀬。

しかし相手はかなりの巨漢。

一撃では仕留めることが出来ません。

一ノ瀬は逆に反撃されてしまいボコボコにやられてしまいます。

そこへ悠介がやってきます。

悠介は相手が怯んでいるすきに何度もナイフを突き刺し、いよいよ男は動かなくなりました。

 

「へへへ こんなもんかたいしたコトねーな」

 

この話しを聞いている環も悠介が本当に人殺しだったのだと身震いします。

ここで引くのはダメだと環はさらに悠介の過去を追求するのでした。

 

2人は男を廃校の花壇に埋めます。

凶器と一緒に。

悠介がこれまでゲームで脅すために残していた記録も。

ーーーーこれで何もかも終わる。

 

一ノ瀬にかかった耳元で「汚い」と囁かれる呪いも解けるでしょう。

 

「こっから先は普通に生きて欲しい。」

 

悪魔なのにそんなことを言う悠介に思わず笑ってしまいます。

何もすることが無くなった二人。

最後にデートをすることにします。

しかしその途中、消えたはずの呪いが復活してしまうのです。

 

「何でだ!?おい!!どうしてなんだよ!!」

「お前だよ。斉藤悠介。お前の存在そのものが呪いなんだよ」

 

なんと悠介の目の前には自分の姿と瓜二つの幻覚が現れたのです。

幻覚は悠介が今まで犯した罪の重さを容赦なくぶつけてきます。

それはまともな人間になりかけていた悠介に背負えるものではありません。

一ノ瀬の声も届かず、とうとう悠介はそのまま倒れてしまいました。

 

次に目が覚めた時は、失踪の理由としいて一ノ瀬と打ち合わせていた通り、

裸でボートの上に両手足を縛られた状態で見つかりました。

全ての記憶を失って・・・。

 

そして今、改めて自分の犯した罪を認識した悠介。

大家のばーさんから渡された一ノ瀬の手紙を開けるのでした。

悠介から少し一人にして欲しいと言われた環。

記憶が戻れば全て上手くいくと思っていたのに暴いた過去はあまりにも壮絶過ぎました。

アパートの前で塞ぎこんでいると大家のおばーさんがやってきました。

 

「こらぁユーサク!!彼女放り出してお前は何をやってんだ!!」

 

しかしそこに悠介の姿はありませんでした。

一ノ瀬の手紙の内容を見ると、そこに書かれていたのは電話番号でした。

ひとりで電車に乗り一ノ瀬宛だと思われる番号に電話します。

 

「全部思い出しちゃったんだね」

「ああ、今すぐお前に会いたい」

「私もよ悠介」

「今度こそすべてを終わりにしましょう」

 

一人残された環。今すぐ追いかけたいのに体が動かない。

そんな時、悪友・会澤から電話が掛かってきます。

全てのことを話すと会澤は環を部外者の偽善者呼ばわりします。

 

部屋を出ると大家・おばぁさんが悠介たちを初めて見た時の事を教えてくれました。

 

「この二人ほっといたら死ぬな」

 

そう思った大家・おばぁさんは何も聞かずに部屋を貸し、

隣に住んでいたケンヂにも仕事を紹介するよう頼んだのです。

 

一ノ瀬が待つ新宿へとやってきた悠介。

彼女は近くにいるから探せと言ってきます。

 

”ふざけんな!まだ呪いがとけてねぇんだろ?”

 

必死に辺りを走り回ります。

その間も絶えず流れ込んでくる一ノ瀬への罪悪感。

それにんよって吐き気を催す悠介はすでにボロボロでした。

 

「何よそれ 何て表情してんの?斉藤悠介」

 

目の前に現れた女性は昔と変わらず、整った綺麗な顔立ちでそう言ってきました。

 

いかがでしたか?ついに2人は再会しましたね。

さて、これからどんな展開になっていくのでしょうか。

続きはこちらから

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」5巻ネタバレ

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」6巻ネタバレ

 

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」1巻ネタバレ

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」2巻ネタバレ

▶︎「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」3巻ネタバレ

 

ぜひU-NEXTで31日間無料体験をして

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」を読んでみてくださいね。

▼登録はこちら▼

▶︎「U-NEXT 登録方法」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました