岡田准一の主演映画おすすめランキング!2019年公開映画! 

芸能

V6・岡田准一さんは格闘技もできて今や映画界で欠かせない存在となっています。

皆さんの中で岡田准一さんといえば思い出す主演映画は何でしょうか?

今回は私の中の岡田准一さんのおすすめ主演映画ランキング形式にしてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

また岡田准一さん2019年公開映画にも注目してみました。

 

■関連記事■

「ザ・ファブル キャスト」

「白い巨塔 キャスト」

「岡田准一は略奪愛」

「V6 愛なんだ2019放送決定」

「三宅健 フライデー」

 




岡田准一 プロフィール

  • 生年月日:1980年11月18日
  • 出身地:大阪府
  • 血液型:B型
  • アイドルグループ・V6、Coming Centuryのメンバー

2017年12月、女優の宮崎あおいと結婚。

TBS系「木更津キャッツアイ」で木更津市民栄誉賞を受賞。

2013年公開の映画「永遠の0」で第38回日本アカデミー賞主演男優賞最優秀賞を受賞。

【代表作】

  • TBS系「木更津キャッツアイ」
  • 映画「陰日向に咲く」
  • 映画「天地明察」
  • TBS系ドラマ「タイガー&ドラゴン」
  • フジテレビ系ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」
  • NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
  • 映画「永遠の0」

 

岡田准一 主演映画おすすめランキング

 

代表作がたくさんある岡田准一さんですが、

その中でも私のおすすめをランキングにしてみました。

 

1位

  • 『SP THE MOTION PICTURE』【2010年】
SP THE MOTION PICTURE 革命篇 プロモーション映像

2007年から08年にかけてフジテレビ系列で放送された連続ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の映画版。

2010年10月に「野望篇」が、半年後の2011年3月に「革命篇」が公開されました。

テロリストと警視庁警備部警護第四係機動警護班に属する特殊部隊であるセキュリティポリス(SP)の熾烈な闘いを描いた物語で、

岡田准一さんは同所属の巡査部長・井上薫を演じています。

共演はドラマと同じく、SPのメンバーとして堤真一さん、真木よう子さんら。

テレビドラマに続き、劇場版2部作とも大ヒットを記録し、

「野望篇」は第34回日本アカデミー賞において話題賞を受賞。

 

◇おすすめポイント◇

岡田准一さんのアクション!

なんといっても岡田准一さんのアクションがすごいです。

自らがアクションのアイディアを出し、映画のために格闘技の資格までとっちゃう岡田准一さん。

映画に対する熱意が素晴らしいですね。

SPの監督、波多野監督は岡田准一さんについてこう語っています。

「ハリウッドや海外のアクションは“見せること”に徹しますが、

岡田君がやっていたアクションは違います。

ハリウッドでもない、ドニー・イェンもない、日本の刀の間合いでもない。

“リアルな路線”を目指していました」

 

2位

  • 『図書館戦争』【2013年】
映画「図書館戦争」イントロムービー #Library war #movie

原作は、コミック化・アニメ化もされ、若者から圧倒的な支持を受けている有川浩の同名小説。

近未来の日本を舞台に、お上の武力を伴う強引な検閲から本の自由を守るために組織された自衛団「図書特殊部隊」の活躍を描きます。

岡田准一さんが演じたのは鬼教官として知られる特殊部隊堂上班班長の堂上篤。

新米隊員の笠原郁を榮倉奈々さんがW主演で演じ、二人の恋愛模様も並行して描かれました。

共演は、田中圭さん、福士蒼汰さん、西田尚美さんらです。

本作ののち、2015年にはテレビドラマ「図書館戦争 ブック・オブ・メモリーズ」が放送。

また同年、劇場版の第2作にあたる「図書館戦争-THE LAST MISSION-」も同キャストで公開。

◇おすすめポイント◇

アクションも見どころとなる今作。

武術や格闘技のインストラクター資格を持つ岡田准一さんが中心となり、

現場で“岡田メソッド”と呼ばれるトレーニングを実施していたそう。

アクションシーンがレベルアップしているのが映画でわかります。

 

3位

  • 『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』【2003年】

宮藤官九郎が脚本を手掛け、2002年にTBS系列で放送され絶大なる人気を博したテレビドラマの劇場版。

千葉県木更津市を舞台に、草野球チーム「木更津キャッツアイ」に属する個性的な面々の巻き起こす騒動を描きます。

岡田准一さんが演じた主人公は、中心メンバーとなる5人のうちの一人・ぶっさんこと田渕公平。

ドラマでは余命宣告を受けているという設定でしたが、本劇場版では、生死の境から返ってきて半年後の夏が描かれます。

仲間を演じたのは、櫻井翔さん、岡田義徳さん、佐藤隆太さん、塚本高史さん。

本作から3年後の2006年には完結編となる「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」も公開。

このとき、ぶっさんはすでに故人ですが、「黄泉がえり」で仲間のもとに帰ってきます。

◇おすすめポイント◇

岡田准一さんにとってこの映画は

「やっぱりかけがえのないもの。『木更津』があって人生変わったから」

と答えるほど重要な作品となっています。

また櫻井翔さんも

「僕も実際『木更津』がこの仕事楽しいなって思えるきっかけだった」

と語っています。

今やジャニーズの看板とも言えるこのお二人の人生を変えたのがこの作品なのです

 

4位

  • 『永遠の0』【2013年】
映画 『永遠の0』 予告編 90秒

人気放送作家・百田尚樹さんの作家デビュー作にして、記録的大ベストセラーとなった同名小説の映画化作品。

平和な世に生きる孫が辿る、太平洋戦争下、海軍の航空兵だった祖父の生き様。

岡田准一さんが、特攻隊員として命を散らす祖父・宮部久蔵を演じました。

興行成績は8週連続第1位などロングランヒットを記録。

第38回日本アカデミー賞最優秀作品賞。岡田准一さんは最優秀主演男優賞を受賞。

海外でも第16回イタリア ウディネ・ファーイースト映画祭でグランプリを受賞。

孫の姉弟を演じたのは吹石一恵さんと三浦春馬さん。

また祖母の松乃を井上真央さんが演じました。

サザンオールスターズが手掛けた主題歌「蛍」も合わせてヒットしています。

◇おすすめポイント◇

岡田准一さんの演技力。

現場スタッフも岡田准一さんの演技について

「クランクインした直後くらいから、狂気に駆られていく過程についてはポイントですからという話はしていました。

一度、狂気に飲み込まれた状態にならないと、最後の決断はできないだろうから。

岡田くんもそこがポイントだというのは分かっていたので、撮影日が近づくにしたがって痩せてくるし、目つきも険しくなってくる。

ちょっと話しかけづらかったですね。

本当に宮部を生きていたんじゃないかと思います。」

と話すほど岡田准一さんの演技は素晴らしいです。

見ているものを惹きつける演技ができるのは岡田准一さんだからこそです。

 

5位

  • 『海賊とよばれた男』【2016年】
「海賊とよばれた男」予告編

記録的ヒットとなった「永遠の0」に続き、百田尚樹さんによる同名小説の映画化。

原作は、第10回本屋大賞を受賞した大ベストセラー。

敗戦のどん底から這い上がり、世界に名だたる出光興産を創業するに至った出光佐三をモデルとした一人の男の波乱の半生を描きます。

主人公・国岡鐵造の若き頃から90代の老年までを見事に演じきったのが岡田准一さん。

妻は、綾瀬はるかさんが演じました。

「ALWAYS 三丁目の夕日」を手掛けた山崎貴監督「永遠の0」のスタッフが再結集。

キャスト陣も、主役の二人のほか、小林薫さん、堤真一さん、鈴木亮平さん、黒木華さんら豪華な面々が勢揃い。

◇おすすめポイント◇

岡田准一さんは主人公・国岡鐡造の20代から90代までの人生を一人で演じ切っています

喋り方はもちろん、特殊メイクで年齢を表していています。

演技力は見ていて安心できます。

 

岡田准一 2019年公開映画

 

岡田准一さんの2019年公開の主演映画といえば、6月21日公開「ザ・ファブル」ですね。

 

詳しいキャストはこちらから→→「ザ・ファブル キャスト」

岡田准一主演『ザ・ファブル』主題歌予告(90秒)

完成披露試写会が5月13日に東京・新宿ピカデリーで行われました。

■岡田准一さんコメント■

「もともと20代の頃からそういった作品をやりたくて格闘技や武術を学び始めたので、そういう意味で出演が決まってうれしかったです」

岡田准一さんは「ボーン・アイデンティティー」や「96時間」などに参加してきたフランス出身のアラン・フィグラルズ、

2013年の第1回ジャパンアクションアワードでベストスタントマン賞最優秀賞を獲得した富田稔とともにディスカッションを重ねながらアクションシーンを作り上げたそう。

 

「セクシーなシーンもたくさんありましたよね」とMCから聞かれると、

岡田准一さんは「原作がそうですからね(笑)。でもセクシーなのかな」と首をかしげ、

アキラの「裸族」という設定に触れました。

「(裸に)ならなかったらならなかったで、あいつ裸にならなかったなっていう空気になるじゃないですか。

だから作品のために、やると決めたからには脱ぎましたけど」

と述懐しながら、バスローブでの現場入りが多かったことをニヤけつつ明かしてくれました。

裸のアキラと対峙する機会が多かったというファブルの世話人・海老原役の安田顕さんも

「裸の先生(岡田)と対峙する身にもなってみろ!という。

常に裸でいらっしゃいましたから」と語りました。

 

ファブルを狙う殺し屋・フードを演じた福士蒼汰さんは「図書館戦争」シリーズでの岡田准一さんとの共演を回想。

「そのときは仲間で岡田さんが教官、僕が部下という関係だった。

だからずっと戦いたいと思っていた」

と述べ、本作のオファーを

「ついに……俺の夢が叶ったぞ!と即決でした」

と振り返りました。

福士蒼汰さんから「ずっと師匠」と声をかけられた岡田准一さん。

「戦えたねー」と満面の笑みを向けました。

 

岡田准一さん自身がアキラとフードのバトルシーンにおけるアクションを組み立てており、

岡田准一さんは

「愛情を込めて。もっと福士を立てなきゃダメでしょ!って感じで作ってます」

と明かしました。

 

岡田准一さんが考えたアクションシーンが見どころの

「ザ・ファブル」6月21日公開になります!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました