紫外線が強い時間帯って?日焼け対策おすすめアイテムはこれ! 

日焼け

これから夏が近づくにつれて、気になるのは紫外線ですね。

紫外線強い時間帯こそしっかりと対策をしないといけませんね。

紫外線強い時間帯ってご存知ですか?

調べてみたので参考にしてみてくださいね。

また、日焼け対策はいつも何をしていますか?

今回は日焼け対策おすすめアイテムもまとめてみました。

しっかり日焼け対策しないと将来、シミが増えたりする可能性も出てきますので、

今からしっかり日焼け対策をしておきましょう!

 




紫外線とは?

「紫外線」という言葉は聞いたことがあるかと思います。

そもそも紫外線ってなんなのでしょうか。

 

紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、

波長が短く、エネルギーの高い光のことです。

UVというのは、紫外線を英語で言ったultravioletの略です。

紫外線は

  • UVA
  • UVB
  • UVC

の3種類に分けることができます。

 

実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBです

 

太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、

肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、

数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。

 

波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、

肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いです。

 

一方、UVAは、UVBほど有害ではないといわれていますが、

長時間浴びた場合は同じように、細胞を傷つけるため、同様の健康被害の原因となります。

窓ガラスや雲を通過して皮膚の奥深くまで届きます。

そして、しわやたるみなどの「肌の老化」を引き起こす原因になります。

また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

 

 

【色素沈着】

紫外線の刺激により、メラノサイト(メラニン色素産生細胞)へ指令が届き、

メラニン色素が生成されます。

メラニン色素はメラノサイトから表皮の細胞に受け渡されてまわりの皮膚へと広がり、

紫外線を吸収して肌を守ります。

しかし、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、

しみやソバカスの原因となります。

そしてどちらもいわゆる「日焼け」の原因となります。

 

【紫外線による老化】

紫外線を長年にわたって浴びることで、しみ、シワ、弾力の低下といった肌の老化を促進し、

さらには皮膚がんを誘発する原因になることがあります。

加齢にともなう老化と比べ、UVAがもたらす光老化は、

硬くゴワゴワした肌に深いシワが刻まれるのが特徴となります。

ヒマラヤやネパールなどの高地に住む人たちは紫外線の影響を受けやすく、

20代からこの症状があらわれることもあるんだとか。

年齢を重ねた肌ほど抵抗力が弱くなるため、

UVAによって肌細胞の老化が起きやすくなることも。

加齢とともに、より紫外線への注意が必要になってくるということです。

 

紫外線が強い時間帯って?

 

紫外線は夏に強く、冬には弱まります。

これは、紫外線が大気層(オゾンなど)を通過する距離と関係があると言われています。

日本の場合、太陽が最も近づく夏至の頃は、紫外線が大気層を通過する距離が短いため、

強い紫外線のまま頭上に降り注ぎます。

 

太陽が最も遠ざかる冬至の頃は、紫外線が大気層を通過する距離が長くなるため紫外線も弱まります。

UVBは夏に比べ、冬はおよそ5分の1にまで減ります。

しかし、UVAは夏に比べ冬は2分の1程度と変動量が少ないため、

冬でも十分な紫外線ケアが必要です。

 

しかし紫外線は健康に悪影響を及ばすことだけではありません

健康のために紫外線に当たる時間は約30分から1時間程度と言われていて、

日焼けをしたいと思っている人でも、約1時間から2時間程度がオススメです。

 

紫外線が強い時間帯は・・・朝10時~お昼過ぎの2時と言われています。

 

たったこの4時間で1日に降り注ぐ紫外線の約50%以上を占めていると言われています。

曇りでも紫外線の80%は降り注いでいます。

もちろん雨などでは紫外線は低下しますが、それでも紫外線がゼロではないのです。

曇り空だからと言って、外で何時間でも紫外線に当たっても悪影響はないだろうと考えるのは危ないです。

 

日焼け対策おすすめアイテムはこれ!

 

【日焼けの種類】

「日焼け」には2種類あります

 

①「赤い日焼け」

紫外線を浴びた直後に現れる「赤い日焼け」(紅斑)を「サンバーン」といいます。

ひどくなるとヒリヒリしたり水ぶくれができたりします。

海水浴 などで真っ赤に日焼けするのはサンバーンです。

 

②「黒い日焼け」

赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヶ月続く「黒い日焼け」を「サンタン」といいます。

いわゆる、一般的にいわれる「日焼け」 にあたります。

また、赤くなっても黒くなりにくかったり、赤くならずにすぐ黒くなったりと、

人によってタイプが分かれます。

 

それでは日焼け対策におすすめアイテムを紹介していきたいと思います。

 

1・帽子 

帽子を選ぶときはUVカット加工がされたもの。

遮光性のあるものがおすすめです。

黒色は赤外線を吸収しやすいので避けましょう。

また、熱がこもりやすいので涼しい素材のものを選びましょう。

 

 

こちらですとUVカット100%で、つばも広いのでしっかり日焼け対策になります。

また、折りたたみもOKなのでバックに入れて持ち歩きしやすいですね。

 

2・日傘

おすすめの日傘はなるべく裏地が黒いもの。

裏地が黒いと地面からの照り返しも吸収してくれるんだとか。

裏地が黒いと、光と熱をカットしてくれます。

 

 

こちらは折り畳み傘となっていて、柄も真っ黒ではなく

女性らしいデザインになっているのでオススメです。

 

3・サングラス

サングラスを買う時は、紫外線カット用のサングラスを買いましょう。

サングラスには紫外線カット率と書いているものと、

紫外線透過率と書いてるものがあります。

紫外線カット率はより高いものを、紫外線透過率はより低いものを選びましょう。

 

 

少し色がついていて、グラスの大きさが大きいほうが女性らしくオススメです。

 

4・カーディガン 

選ぶ際はカーディガンにUVカット加工がされている物をえらびましょう。

日差しから肌を守ることもできるのでおすすめです。

 

 

長袖で、大きいサイズなのでゆったり着ることができます。

カラーもたくさんあるのでオススメです。

 

5・シャツ 

カーディガンは暑いかな・・・。という方はシャツもオススメです。

 

 

素材が麻なので涼しい素材ですし、折りたたんでもシワになりにくいです。

七分袖の方が涼しく着られるのでオススメです。

 

6・アームカバー

自転車に乗ったりすると腕が焼けますよね。

その際にアームカバーはがオススメです。

 

 

 

7・体の内側から対策 

日差しを浴びる前に、食べ物で日焼け対策ができるのご存知ですか?

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを意味する、ビタミンACE(エース)を撮りましょう。

オススメはいちごです。

もちろんジュースでも大丈夫です。

【いちごの食べ方】

  • 5~6粒(ビタミンCの必要摂取量として)が適量
  • ヘタを取る前に洗って食べる(ヘタをとってから洗うとビタミンが水に流れるため)
  • 加熱しない(ビタミンが壊れるため)
  • 食後に食べる(ビタミンの吸収がよくなる)

 

8・日焼け止め

日焼け止めを選ぶ際は目的や行く場所によって使い分けましょう。

そのほうがお肌への負担も減らせます。

紫外線の強い場所では、SPFの値が大きく、

PAの+がより多いものを使うのがオススメです。

またプールや海などの水辺で使う場合は、ウォータープルーフタイプがオススメです。

【日焼け止めを選ぶ際の目安】

  • 日常生活の中で浴びる紫外線…SPF15~30、 PA++程度で十分カットが可能。

 

  • 屋外のレジャーや南国のバカンスなど紫外線が強い地域…SPF30~50、PA++++などプロテクト効果の高いものが安心。

 

  • プールや海など水辺で使う場合は、水に強いウォータープルーフタイプを選ぶなど、シーンに合わせて使い分けましょう。

 

 

 

いかがですか?

紫外線が強い時間帯を避け続けて生活はできないので、

しっかりと日焼け対策をして楽しい夏を送りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました