「凪のお暇」漫画を無料で読む方法って?あらすじネタバレ1巻! 

U-NEXT

2017年発売以来口コミで累計200万部突破中!

多くの漫画賞を受賞した今もっとも旬な話題作「凪のお暇」

主演・黒木華さんでドラマ化されることも決定しましたね。

今後ますます目が離せなくなっている「凪のお暇」

今回は「凪のお暇」漫画無料で読む方法を紹介しちゃいます。

「凪のお暇」1巻あらすじネタバレにも注目です。

「凪のお暇 2巻・ネタバレ」

「凪のお暇 3巻・ネタバレ」

「凪のお暇 4巻・ネタバレ」

「凪のお暇 5巻・ネタバレ」




「凪のお暇」漫画を無料で読む方法って?

 

主人公・大島凪はいつも人の顔色を伺いながら周囲に合わせることで、

日々何事もなく過ごすことを目標にしている“真面目で気が弱く優しい”良い人代表の女性。

  • 「自分の意見を主張しないことが多い」
  • 「他人に頼まれるとNOと言えない」
  • 「いつも周りの空気を読んでしまう」

どれかに当てはまったあなたには「凪のお暇」を読むことをお勧めします。

 

漫画「凪のお暇」を無料で読む方法はU-NEXTに無料体験をすることです。

31日間無料で楽しむことができます。

もちろんも「凪のお暇」を読むことができます。

仕事の通勤時間などに読むのに最適ですね!

31日間の無料体験中に解約をすれば完全無料なのでご安心してください。

ぜひU-NEXTで無料体験してみてくださいね。

↓↓登録はこちら↓↓

登録方法はこちらを参考にしてくださいね!

「U-NEXT 登録方法」

 

「凪のお暇」【1巻・あらすじ】

都内で働く大島凪(おおしまなぎ)28歳。

唯一の生きがいは「節約」という地味め女子です。

同僚から雑用を押し付けられても笑顔。

職場の女子からマウンティングされても笑顔。

「空気、読んでこ」と心の中で唱え、耐え忍ぶ日々を送っていました。

そんな彼女が持っているたったひとつの「カード」は、我聞慎二(がもんしんじ)と付き合っていること。

営業のエースでモテる慎二の彼女、というステータスは、凪の密かな自慢でした。

 

しかしある日、慎二が同僚に

「彼女とは体の相性がいいから付き合っているだけだ」

と話しているのを聞いてしまいます。

ショックで過呼吸になった凪は、仕事も彼氏も家もすべて捨て、

しばし「お暇」することを決意。

 

貯金残高は100万円。

郊外のボロアパートに逃げるように引っ越し、

おつり漁りババアや鍵っ子のうららちゃん、

自由人のゴンちゃんなど、個性的な住人と出会います。

彼らと過ごすうちに少しずつ本当の自分を取り戻していく凪ですが、

そんな彼女の前に、居場所を突き止めた慎二が現れます・・・。

 

「凪のお暇」【1巻・ネタバレ】

 

※ここからは1巻のネタバレとなりますのでご希望されない方はお気をつけくださいね。

 

大島凪(おおしまなぎ)は節約が趣味の28歳のOL。

サラサラの髪にコンサバの服を着て、女子アナのような雰囲気の凪。

「空気読む」ことにいっぱいいっぱいで、

「わかるー」しかいわない凪は女子の同僚から雑務を押し付けられて一人残業することなんて日常茶飯事。

「なんだかなぁ」という毎日を送る凪ですが、

同僚に隠している強力なカードがあります。

それは営業部のエース我聞慎二(がもうしんじ)と付き合っていること。

慎二が早く結婚してくれればこの「なんだかなぁ」の毎日がひっくり返る、と凪は信じていました。

でも、ある日の夜、いつものように同僚に仕事を押し付けられた後、

慎二のモラハラ発言を聞いてしまいます。

 

「作るメシも貧乏くさいしコンセントとかいちいち抜くし

なんつーの節約系女子?

俺そういうケチくさい女生理的に無理なんだわ」

 

この発言を聞いた凪は過呼吸の発作を起こして倒れてしまいます。

空気は読むものじゃなくて吸ってはくものだそう悟った凪は退職(=ドロップアウト)を選びます。

都心の2LDKから郊外の6畳1間に引っ越し、服も家具も人間関係も断捨離して、

凪のお暇(おいとま)がスタートします。

 

夏、クーラーのないボロアパートはまさに蒸し風呂状態。

100万円の貯金しかない凪はクーラーの設置もできません。

あまりの暑さに凪は図書館に逃避します。

そこで手にとったのは自己啓発系の本。

真っ白なノートに未来の自分のなりたい姿を書こう、

と向かい合っても凪はなにも思いつけませんでした。

 

早くも退職を後悔しかけたその時、二階から洗濯物が落ちてきます。

凪の二階の住人は、小汚い格好で自販機のお釣りを漁ったりパンの耳を恵んでもらったりと

人として終わってると近所の人が噂するおばあさん。

おそるおそる洗濯物を届けると、おばあさんは感じがよく、

日々の生活を工夫して豊かに楽しんでいる人でした。

部屋にプロジェクターを設置して趣味の映画を楽しんだり、

パンの耳でお菓子を手作りしたりと、

凪が自分も独りのままいつかああなるのではないかと恐れていた姿とは真逆でした。

 

いつも人目を気にしていた凪。

カッコイイとおばあさんに感銘を受けた凪は、

ずっと拾うのをためらっていたゴミ捨て場の扇風機を部屋に持ち帰ります。

黄色いスプレーペンキでキレイに色を塗ってリメイク!

扇風機とアイスノンで、熱帯夜を乗り切ることに成功します。

真っ白いノートに「暑さに勝つ!!」目標を書いた凪でした。

 

平日の昼間からカジュアルな服、すっぴん、クセ毛そのままに外出する凪。

働いてないことを引け目に感じ、人目を避けているうちに路地に迷い込みます。

そこで偶然見つけたのが駅前のスーパーよりも価格が圧倒的に安い「八百屋のアニキ」。

喜んで購入したものの、小松菜が400円高く計算されていました。

でも怖い店員、殺伐とした雰囲気の主婦たちに気圧されて指摘することができません。

諦めようとしたときに

 

「あ、また空気読んでる」

 

と気づいた凪は思い切って店員さんに声をかけます。

強面の店員は、思いがけず素直に間違いを認めて返金に対応してくれました。

店員は入りたてで手打ちのレジに緊張していただけだったということが、

隣のおばさんのフォローで発覚します。

更におばさんから「これで見逃してやって」とエノキをサービスされて凪は感動します。勇

気を出したから見られた光景に嬉しいと目を輝かせる凪。

 

その流れで、腕のタトゥーが怖いと話しかけられなかったアパートの隣人・ゴンにも

 

「ゴーヤ食べないんですか?」

 

と話しかけます。

ゴンがベランダに放置していたゴーヤがずっと気になっていた凪。

黄色くなってしまったゴーヤも種のまわりの赤い部分が甘くて美味しいことを必死に話して、ゴンに食べてもらいます。

ウマイと共感してもらって喜んでいるところに、

断捨離とともに捨て去った元彼・慎二が現れます。

クセ毛を隠そうとする凪の腕を引き剥がして頭をかきまわし

「ブスになったなぁ」と言った慎二に幸せな気分がふっとびます。

慎二に頭をかきまわされている様子を、

隣に住む小学生女子のうららにジッと見られてしまいます。

 

そのことから、クセ毛を母に無理やりとかされて痛い思いをした小学生時代がプレイバック。

クセ毛をそのままに登校したら

 

「触ったらモジャモジャが伝染っちゃう」

 

と仲間ハズレにされた思い出がよみがえります。

 

ズカズカと強引に部屋にあがりこむ慎二に、

ストレスからまた震えがこみあげてくる凪。

 

「ありのままの私をあなたは愛してくれなくていいから 

今後一切 私にかかわらないでください!!」

 

ずっと逆らえなかった慎二に決別宣言をします。

しかし、すかさず慎二は「やだね」と言い切ります。

 

「いいか凪。おまえは絶対変われない」

 

と呪いのような言葉をかけて帰る慎二。

慎二は凪の前では涙を見せませんでしたが、人目もはばからず号泣します。

その泣きっぷりは、すれ違った女性も振り返るほど。

 

涙目になりながら

 

「私、変わりたい。絶対」

 

と決意しました。

 

貯金が税金の支払いで目減りしていくことに焦る凪。

ハローワークに失業保険を受け取りに手続きに行きます。

そこで同じく窓口の対応に苦戦する同年代の女性・坂本と知り合います。

前職と同じ待遇で検索しても、ハローワークでは1件もヒットしません。

坂本から誘われ気分転換にお茶をすることになります。

快く応じたものの、なんとそこで坂本からパワーストーンのブレスレットの勧誘をされてしまいます。

慎二からも「なめられてんだよ」と言われていたように、

凪は今まで商品をすすめた人の笑顔が崩れるのを見るのが怖くて勧誘を断れませんでした。

でも、坂本からの勧誘はきっぱりと「いらないです」と断ることができました。

けれど、慌てていたために財布だけ持ちバッグを喫茶店に置いてきてしまいました。

そんな凪を、坂本が追いかけてきます。

石のブレスレットの素晴らしさを説いてまわったら友達が一人もいなくなってしまったと

泣く坂本に対し、凪は

 

「石の話抜きだったら、今までどおり普通に話しましょう」

 

と伝えます。

自分のことを「アホなのかも」と思いつつ、坂本に声をかけたことに後悔はありません

。ゴーヤの件をきっかけに、アパートの隣人・ゴンと挨拶をするようになった凪。

ゴンのことをリア充・パーティーピープル系だと感じ、

自分とは別人種だと思って一線をひいていましたが、

凪がイベントチラシのアドバイスしたことをきっかけに距離がグンと縮まります。

チラシのアドバイスに感激したゴンに、凪はギュッと抱きしめられます。

 

ゴンの素直な愛情表現と垣根のない距離感に驚き、顔が赤くなる凪でした。

仕事がバリバリできてピシッとしている元カレ・慎二とは真逆の、ゆるい雰囲気をまとったゴン。

 

「今までと真逆のタイプに目を向けてみるとか」

 

と恋バナを話していた時に坂本から言われた言葉がリフレインします。

 

一方、慎二はというと、凪に未練をたっぷり引きずっていました。

部長に連れて行かれた贔屓の店で、凪に似た夜の蝶・杏(あん)に

 

「まだ凪のことがメッッッッチャ好きなんだわ」

 

と愚痴る慎二なのでした。

 

ここで1巻は終わります。

彼氏・慎二は意地悪なことを凪に言うにも関わらずまだ好きなんですね。

今後どのような展開になるのでしょうか。

次巻はこちらから

「凪のお暇 2巻・ネタバレ」

「凪のお暇 3巻・ネタバレ」

「凪のお暇 4巻・ネタバレ」

「凪のお暇 5巻・ネタバレ」

 

ぜひU-NEXTで無料体験をして31日間

「凪のお暇」を楽しんでください!

↓↓登録はこちら↓↓

登録方法はこちらを参考にしてくださいね!

「U-NEXT 登録方法」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました