「凪のお暇」漫画を無料で読む方法って?あらすじネタバレ3巻!

U-NEXT

2017年発売以来口コミで累計200万部突破中!

多くの漫画賞を受賞した今もっとも旬な話題作「凪のお暇」

主演・黒木華さんでドラマ化されることも決定しましたね。

今後ますます目が離せなくなっている「凪のお暇」

今回は「凪のお暇」漫画無料で読む方法を紹介しちゃいます。

「凪のお暇」3巻あらすじネタバレにも注目です。

「U-NEXT 登録方法」

「凪のお暇 1巻ネタバレ」

「凪のお暇 2巻ネタバレ」

「凪のお暇 4巻ネタバレ」

「凪のお暇 5巻ネタバレ」

 




「凪のお暇」漫画を無料で読む方法って?

 

主人公・大島凪はいつも人の顔色を伺いながら周囲に合わせることで、

日々何事もなく過ごすことを目標にしている“真面目で気が弱く優しい”良い人代表の女性。

  • 「自分の意見を主張しないことが多い」
  • 「他人に頼まれるとNOと言えない」
  • 「いつも周りの空気を読んでしまう」

どれかに当てはまったあなたには「凪のお暇」を読むことをお勧めします。

 漫画「凪のお暇」を無料で読む方法はU-NEXTに無料体験をすることです。

31日間無料で楽しむことができます。

もちろんも「凪のお暇」を読むことができます。

仕事の通勤時間などに読むのに最適ですね!

31日間の無料体験中に解約をすれば完全無料なのでご安心してください。

ぜひU-NEXTで無料体験してみてくださいね。

↓↓登録はこちら↓↓

「U-NEXT 登録方法」

 

「凪のお暇」【3巻・あらすじ】

他人に合わせてばかりの日々をやめ、心地良い新生活をおくっていた大島凪28歳。

だけど、何かと優しい隣人・ゴンとの関係が深まるにつれて、気持ちが揺らいで…?

 

「凪のお暇」【3巻・ネタバレ】

今までの復習はこちら!

「凪のお暇 1巻ネタバレ」

「凪のお暇 2巻ネタバレ」

※ここからは3巻のネタバレとなりますので、希望されない方はお気をつけください。

価値観が違った凪と慎二。

そう感じ始めたのは、一緒にいるようになって半年経った、水族館のデートをしてた時でした。

同じ方向に向かって力強く泳いで回るイワシの群れから一匹だけ外れたイワシがいました。

「頑張れ」と心配する凪と、「空気読めよなーウケる」と笑う慎二。

空気を読むのが上手で群れの中の先陣切って泳げるような慎二には、

一匹だけはぐれたか弱いイワシの気持ちなんて分からないのです。

 

一体彼のどこが好きだったのかな。

凪は一晩中考えてみるのですが、一つも思い出すことができませんでした。

正直、彼自身のことが好きだったのではなく

”営業部エースで出世頭でみんな大好きな我聞慎二くん”が好きだったのです。

なんで慎二にここまでとらわれてたのか。

そう思ったのは、慎二の実家のことでした。

綺麗で少し天然な専業主婦のお母さんと、

誠実で優しそうな公務員のお父さん、モデルルームみたいな大きな家。

慎二の態度が完全によそ行きなところなど、正直違和感しかなかったのですが、

表面上は理想的なうちの一員になれると感じたのです。

 

母からの着信を無視し続けていた凪ですが、知らない番号からかかってきました。

仕方なく電話に出る凪ですが、母が望む通りの返答をしなくてはいけないから、

故郷の母からの電話は苦手でした。

そんな母が、いとこの結婚式で3ヶ月後東京へ来るというのです。

凪は焦ります。

今の状態を見られたら北国に強制送還されるからです。

 

凪の様子を見て

「キライなことを口に出して自覚すると楽になることはあると思う」と言うゴン。

自分は悪者にならないようにするとことか、家では標準語で話すとことか、

外では良い人ぶるとことか、とにかく口やかましいとことか。

 

「キライ。」

 

今まで心の中で思っていても口には出さなかったことでした。

しかしゴンのおかげで、凪はすっきりすることができました。

ゴンさんて不思議。

物事を前向きにしてくれる力がある。

ゴンに何度か迫られてもふざけてごまかしてきた凪ですが、ついに覚悟を決めます。

 

「今夜、お部屋に遊びに行っても良いですか⁉︎」

 

自分を変えるために、自分の気持ちに正直になる凪。

ゴンといると楽しくて心地よい空気でいつも欲しい言葉をくれます。

その夜、凪はついにゴンと一線を越えてしまいます。

 

勇気をふり絞ってゴンとの一線を越えて以来、連日ゴンの部屋に通うように。

一緒にいるようになって気づいたことは、ゴンは自由人だということ。

凪は私たちのこの関係は一体なんなんですか、と聞くことができませんでした。

今さら関係を聞くことには勇気が必要です。

凪は徹夜で読んだ少女漫画に影響され、まずは自分の気持ちをまっすぐゴンに伝えます。

 

「わ、私、ゴンさんのことが好きです。」

「うん。俺も凪ちゃん大好き!」

 

ゴンはそう言って部屋の合鍵を凪にくれました。

彼女気分でさっそく部屋でご飯を作ってゴンの帰りを待つ凪。

しかし部屋に来たのはゴンではなく、ゴンの女友達のエリィでした。

 

「知らないとアレだから言っとくけど、

あいつ誰にでも渡すからね部屋の鍵。

老若男女問わずガバガバだから。

約束すっぽかすとかデフォだし、まじクソだよあいつ。」

 

凪はエリィを引き止めて、自分の知らないゴンの話を聞くことにしました。

ゴンのいう「面白い」も「可愛い」も間に受けてはダメ。

しかし思わせぶりなことをして搾取してやろうという悪意もない天然のものでした。

そんなゴンにやられて横たわる老若男女の屍を称したゴンは「モーゼの海割り」という通り名がつくほど。

 

「用法用量守らなきゃダメ。依存したら終わりだよ。」

 

凪は最近、ゴンに会えない時間の焦燥感がすごいのです。

エリィから話を聞いた凪は思考がネガティブになっていきます。

しかしゴンに会うと全てが溶けて幸せな気分になれるのです。

目の前にいる人に誠実ならそれで良いや!と思う凪でした。

 

大雨の中、片道1時間以上かけて凪に会いに行く凪の元カレ・慎二。

しかしチャイムを鳴らしても凪は出てきませんでした。

凪はゴンのイベントに行くようになってから昼夜逆転してしまっていました。

さらにゴンとの会えない不安で寂しい時間を消すために、耳栓をして一日中寝てやり過ごしていたのです。

慎二が凪の部屋の前でいると、偶然会ったゴンが待っている間慎二を家にあげてくれました。

凪との関係を心配している慎二の気持ちを察したゴンは

 

「我聞くんが心配するような仲じゃないから安心して」

 

と言うのですが、明らかに凪の髪の毛が布団にたくさん落ちています。

間違いなくあいつの毛だ。

そして慎二はユニットバスに置いてある大量の化粧水を見て驚きます。

 

帰り道、慎二は凪をコンビニで目撃します。

凪は顔色悪くやつれておりコンビニで散財していました。

 

「どうせ奴に振り回されて自棄な生活送ってるんだろ!

いいのかよ、おまえ以外に何人も女がいるような男で!!」

 

しかし凪はそれでも良いと思うほど、すでにゴンに依存をしていました。

 

なんだかすごい展開になってきましたね。

ゴンに依存してしまうとは。

いつ凪は依存していることに気づくのでしょうか。

次巻はこちら!

「凪のお暇 4巻ネタバレ」

「凪のお暇 5巻ネタバレ」

今までの復習はこちら!

「凪のお暇 1巻ネタバレ」

「凪のお暇 2巻ネタバレ」

 

ぜひU-NEXTに31日間無料体験して

「凪のお暇」を楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました