都市の特徴

ワーキングホリデー

オーストラリアにはたくさんの有名な都市があります。

前の記事で述べたように都市によって経験できることも違います。

今回は都市の特徴についてまとめたいと思います。




・ゴールドコースト

有名なのはサーファーズパラダイスです。

名前の通り世界中からサーフィンをするために集まってきます。買い物をしたりビーチに行ったりと東京にいる感覚で楽しむことができます。アジアの食品が売っているお店も多いです。日本人が多いです。

長所

観光地のため比較的仕事が見つかりやすく、英語が苦手なひとでもスタートがしやすいです。オフの日に楽しめるレジャーがたくさんあるため遊びには困りません。

短所

アジア人が多いため現地の人と仲良くなるのは難しいかと思います。冬になると観光客が減るため仕事選びに苦戦します。

・ブリスベン

ビーチが少なくオーストラリアのイメージとは少し違うかなと思います。私が訪れたとき思ったことは、都市だなぁということです。でも、日本語が飛び交うことが少ないです。なので自分を追い込み英語漬けで勉強をしたい人はおすすめです。

長所

ファームの仕事が多いためファーム情報を手に入れやすく、ファームに一緒に行く友達を探すのも簡単です。街並みは昔ながらの建造物が多いため、勉強に集中しやすいです。

電車が充実しているためいろんなところにアクセスするのが簡単です。

短所

ビーチまで遠く、都市なためしっかりとした服装の人が多いです。仕事も見つけるのが困難で、英語があまり得意でいないと難しいです。

・パース

それほど都会でもなく、田舎でもないためこれから人気が出てくる注目の都市です。周りのワーキングホリデー仲間にもダントツで人気でした。

長所

まだそこまで観光地として知れ渡っていないため比較的落ち着いています。留学するには一番いいと思います

短所

観光地化していないため仕事は見つかりにくいです。

・ケアンズ

日本から一番近く観光地としても、ワーキングホリデーとしても、留学としても人気が高いです。

グレートバリアリーフが有名なので海が好きな人にはおすすめです。

長所

日本人が多いためホームシックにはなりにくいです。自然もありレジャーが楽しめます。山も海も近いので自然が豊富です。観光地のため仕事も比較的見つけやすいです。

短所

デパートが少ない為、買い物好きな人には辛いかと思います。

雨が多いので、雨季は自然に近寄れないため遊び方を工夫しないといけません。

・メルボルン

世界一住みやすい町といわれているくらい人気な都市です。シドニーと同じくらい大都市ですが、少し落ち着いています。

芸術的な町並みが続くので、カメラ女子にはたまらないかと思います。

長所

日本人が多い為.日本人経営のお店での仕事が見つかりやすく、英語が堪能でないかたも働きやすいです。芸術的な町並みを楽しみながらオフの日はレジャーも楽しめます。

短所

一年中温暖なイメージが強いオーストラリアですが、メルボルンは四季があるので注意が必要です。冬でも寒くはありませんが上着が手放せなくなります。

・シドニー

観光地として有名なオペラハウスがあります。町並みが都会なため首都と間違われることもよくあります。日本人は比較的少ないです。

長所

日系のお店が多いので、食料品には困りません。電車があるため車がなくてもいろんなところにアクセスしやすいです。

短所

留学生が少ないため、友達を作る時に英語力が求められます。アジア人よりもヨーロッパ系の学生が多いです。

私なりに6つの都市をまとめてみました。

都市ひとつひとつにカラーがあるので全ての都市が魅力的だと私は思います。

大都市で働いて町並みを楽しみながら、ビーチでゆったりできる。そこがオーストラリアの魅力だと私は思います。自分にあった都市を見つけてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました