「セミオトコ」ドラマのキャストあらすじ!主演の山田涼介に注目

ドラマ

2019年夏のテレ朝金曜ナイトドラマはHey!Say!JUMP・山田涼介さん主演の「セミオトコ」です。

山田涼介さんがセミの役なんて面白そうですね!

キャストがだんだんと発表されています。

一体、ヒロイン役は誰なのでしょうか。

「セミオトコ」キャストあらすじをまとめてみました。

「セミオトコ」主演山田涼介さんにも注目です。

 




「セミオトコ」

 

放送局:テレビ朝日系列「金曜ナイトドラマ」

初回放送日:2019年7月26日(金)

放送時間: 23:15~24:15 

脚本:岡田惠和さん(『南くんの恋人』(テレビ朝日)、『最後から二番目の恋』(フジテレビ)、『ちゅらさん』(NHK))

監督:宝来忠昭、竹園元(テレビ朝日)

ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)

プロデューサー:服部宣之(テレビ朝日)、布施等(MMJ)、本郷達也(MMJ)

制作:テレビ朝日、MMJ

主題歌:未定

 

「セミオトコ」キャスト

 

セミ:山田涼介 

 

地中から羽化しようとした瞬間、セミは上から落ちてきた女性・由香の下敷きになるところ、

由香が華麗に“避け”たことによって命拾いをする。

優しそうだけど寂しそうな由香のために、セミは命が尽きるまでの7日間だけ人間の姿に形を変えて、

由香と同じアパート「うつせみ荘」で暮らし、由香の幸せのために尽くすことに。

見た目は美しい王子様だけど、中身はセミなので人間界の常識には疎く、

言動はかなり浮世離れしている。

口癖=「なんて素晴らしい世界なんだ!」

 

「実は“せみ”という役をやるのは二度目なんです。

前回は映画『グラスホッパー』で演じた“蝉”と呼ばれる殺し屋の役で今回のセミとはまったく逆のテイストだったのですが、

この業界でも“せみ”を2回演じるのは僕くらいなのではないでしょうか(笑)

斬新でこれまでのドラマで見たことのない毛色の作品だなと思いました。

岡田惠和さんが脚本を手がけてくださるのですが、その台本もとても面白いんです!

人と人のつながりの大切さが描かれていて、

僕が演じる役には人の心を動かすようなセリフがたくさんあるので、

そういうところに共感していただけたらうれしい。

(今作のスチール写真や映像を撮影について)

とてもシュールでした!(笑)

それはそれは人の目が気になる撮影で…(笑)。

真顔で木にしがみついたり、飛んでみようとしたり、

といろんなことをしていたのですが、

それを見ていた小さいお子さんが『あのお兄ちゃん、何してるの』って言っていたらしく、非常に恥ずかしかったです(笑)」

 

大川由香:木南晴夏

 

幼い頃からとにかくツイていない人生で、

何をしてもいまいちうまくいかなかった由香。

人と円滑にコミュニケーションを取ることが苦手で、

学校でも職場でも孤独な日々を送っていた。

いいことなんてまったくない毎日。

 「セミとのラブストーリーとお聞きし、それだけでもう面白そうだなと思いました。

一体どんな展開になるのかとドキドキしながら楽しみにしております。

セミオトコとの関係だけではなく、いろいろ抱えている登場人物の皆さんとの関係やその後起こるであろう変化を、

(脚本の)岡田(惠和)さんの織りなす物語の中で、全身で感じながら演じたいと思います」

健太・三宅健(V6)

由香の兄。

強さだけでなくそのバカさから“伝説のヤンキー”として地元で知られる。

バカすぎるため知らず知らず窃盗に手を染め、由香に通報されて逮捕された過去がある。

「(自身の役について)愛されるバカであってほしいなと思っているので、

ドラマを見てくださるみなさんにもそんな風に思ってもらえるようなお兄ちゃんを演じたいと思います。

金曜日の夜に、山田くんのような綺麗で可愛らしい美白の青年が出ているドラマを見て、

仕事や勉強で疲れた体をたっぷり癒やしてください」

[関連記事]

➡︎「三宅健 フライデー」

➡︎「愛なんだ2019放送決定」

 

庄野くぎこ:檀ふみ

物語の舞台となるアパート「うつせみ荘」の大家

「何より、岡田惠和さんの脚本の面白さに、ワクワクいたしました。

何という不思議な世界でしょう!

とにかく会話が面白いので、共演のみなさん(含むアガワさん)との掛け合いが楽しみでなりません(本番中に吹き出さずにいられるでしょうか?)。

役柄が、私自身(超ノロマ)と正反対(せっかち)であるのも、気に入っているところ。

久しぶりに作り込めるお役をいただいて、どういうふうに演じようか、あれこれ思案の真っ最中です。」

 

庄野ねじこ:阿川佐和子 

「依頼を打診された段階で、まず笑っちゃいました。

よくそういうアホなことを思いつく人がいるものだと。

そして次の瞬間、こうなったらご期待に応えなければなるまいと思いました。

まさか名女優、檀ふみさんと、演技の現場でご一緒することになるとは思いもよらず、ご迷惑をかけないよう気をつけたい。

同時に、二人で喋り始めると本当に止まらなくなる恐れがあるので、監督、どうか止めてください。」

 

小川邦夫:北村有起哉 

職業・年齢不詳の自称“余命わずか”な男

 

岩本春:山崎静代(南海キャンディーズ)

 

岩本マサ:やついいちろう(エレキコミック)

春の夫

 

「セミオトコ」あらすじ

 

物語の舞台は、都心からはちょっと離れた郊外にあるアパート『うつせみ荘』。

古いけれど、趣と気品がある英国風の建物には個性豊かな住人たちが暮らしています。

山田涼介さん演じるセミは、そのアパートにつながる庭の地中で誕生。

長い地中生活を経て、ついにこの夏、羽化のときを迎えました。

「ついに!憧れていた地上へ!」

――高まる期待とみなぎる気合いで地上へとはい出たその時!

頭上からひとりの女性が落ちてくる予感が…。

「ようやく地上に出られたのに飛べないまま終わるのか…」

と死を覚悟した瞬間、女性は鮮やかにセミを避け、ちょっと離れた地面に落下。

セミは九死に一生を得ることとなったのです。

その女性とは、うつせみ荘に住む女性・由香。

食品会社に勤務し、たいしていいこともないまま毎日を過ごすアラサー女子・由香の寂しそうな表情が気になったセミは、

命を救ってくれたお礼をするため、人間の姿となって、由香の望みを叶える約束をします!

わけも分からぬまま、セミと7日間だけ一緒に暮らすことになった由香。

セミの浮世離れした言動に驚いたり、振り回されたりしながらも、

自分を一生懸命幸せにしてくれようとする王子様のようなセミとたった一週間だけの、淡い恋に落ちるのです。

羽化したセミが、地上で生きることを許される最期の7日間

――美しい姿となって人間界に降り立ったセミと、さえないアラサー女子の、

奇跡のようなラブストーリーを一緒に覗いてみませんか?

 

金曜ナイトドラマ『セミオトコ』ティザーPR動画(30秒)

 

「セミオトコ」主演の山田涼介に注目

 

  • 生年月日:1993年5月9日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型
  • アイドルグループ・Hey!Say!JUMP 

[代表作]

  • 日本テレビ系ドラマ『探偵学園Q』
  • 日本テレビ系ドラマ『左目探偵EYE』
  • 日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』シリーズ、
  • フジテレビ系ドラマ『カインとアベル』
  • 映画『暗殺教室』シリーズ
  • 映画『鋼の錬金術師』

山田涼介さんはテレ朝ドラマ初出演にして初主演となります。

 

脚本家・岡田惠和さんは山田涼介さんを起用した理由についてこう語ります。

「今回、最初から山田涼介さんを勝手に希望して、オリジナル企画を考えました。

面白がってくださり、出演オファーを受けていただけて嬉しかったです。

これは、かなり野心作であると同時に自信作です。

思い切り笑って、せつなくて、胸がキュンとして、ほっとして、泣けるけど、悲しい涙ではない。

そんなドラマです。

山田さんのセミオトコは、きっと金曜の夜に疲れた心を浄化してくれるでしょう。

“とびきりキュート”間違いなし、です。

山田さんだけでなく、大好きで最高なヒロインを得ました。

ほかにも面白い役者さんばかり登場します。

かなり書いていて楽しいです。

最終回、号泣するだろうな、書いている私が一番。

是非、楽しみにしていただけたらと思います」

ドラマ「セミオトコ」7月26日(金)よる11:15~テレ朝にて放送スタートです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました