「TWO WEEKS」韓国ドラマが原作!あらすじキャストネタバレ!

ドラマ

三浦春馬さん主演の2019年7月よりスタートした「TWO WEEKS」

愛する娘を救うために無実を晴らすことができるのでしょうか?

韓国ドラマ原作だそうです。

今回は「TWO WEEKS」の日本版のあらすじキャストに触れてみました。

そして「TWO WEEKS」ネタバレも書いてあるので参考にしてみてくださいね。

[関連記事]

➡︎「2019夏ドラマまとめ」

➡︎「三浦春馬 特集」

➡︎「TWO WEEKS キャストあらすじ」

 




「Two weeks」韓国ドラマが原作

【ドラマ情報】

■『TWO WEEKS』(関西テレビ・フジテレビ系)

■放送日:7月16日スタート

■放送時間:毎週火曜21:00~

■原作:「TWO WEEKS」(MBC 脚本:ソ・ヒョンギョン)

■脚本:山浦雅大

■音楽:木村秀彬

■プロデュース:岡光寛子(関西テレビ)、白石裕菜(ホリプロ)、平部隆明(ホリプロ)

■演出:本橋圭太、木内健人

■制作協力:ホリプロ

■制作著作:関西テレビ

 

「Two weeks」あらすじ

 

一度は人生を捨てた男が初めて出会った8才の娘は、白血病を患っていた?

ドナーとして再び生きる意味を見つけた男の前に、殺人の濡れ衣が立ちはだかる!

検察、警察、政治家、闇の組織…次々と明らかになる陰謀から逃れ、初めて父性に目覚めた男は、娘の命を救うことができるのか!?

 

主人公・結城大地は、殺人未遂の罪で服役した過去を持ち、現在は人生に希望を持たず、毎日をただ刹那的に過ごしている男。

そんな彼の前に、かつて人生で唯一心の底から愛していながら「ある出来事」により一方的に別れを告げた女性が現れます。

そして彼女から、結城との娘を産んでいたこと、そして、“はな”という名の8才になるその娘が白血病であることを告げられます。

突然明らかになった娘の存在に戸惑いながらも、病院で初めて出会ったはなを前に、父親としてのいとおしさを覚える結城。

 

さらに、幸運にもドナーに適合したことで、結城は再び自分が生きる意味を見いだします。

しかし、その矢先、結城は何者かにはめられ、殺人事件の犯人として逮捕されてしまうことに。

このままでは2週間後に行われる骨髄移植手術を行えないと考えた結城は、はなの命を救うため、決死の逃亡に身を投じます…。

命のタイムリミットまで2週間 × 殺人の濡れ衣 × 逃亡劇。

複雑に絡み合う人間関係のなかで描かれるスリリングな展開は必見!

 

 

「Two weeks」キャスト

 

結城大地:三浦春馬

月島楓:芳根京子

青柳すみれ:比嘉愛未

有馬海忠:三浦貴大

はな:稲垣来泉

乾大輝:鈴木仁

柴崎要:高嶋政伸

久我早穂子:黒木瞳

 

詳しいキャストの特徴はこちらをご覧ください!

➡︎「TWO WEEKS キャスト」

 

「Two weeks」ネタバレ

 

※ここからは韓国ドラマのネタバレとなりますので、希望されない方はお気をつけください。

また韓国版のキャストを日本版のキャストに置き換えてネタバレしています。

 

結城大地(三浦春馬)は、天涯孤独のチンピラ。

生きる意味や希望がなく、ただ毎日を生きているだけでした。

そんな時、8年前に別れた青柳すみれ(比嘉愛未)が突然会いに来ます。

すみれは8年前、大地に黙って大地との子供を産んでいたことを告白。

そしてその8歳になる娘が白血病であり、血液検査をしてほしいと大地に頼んだのです。

 

突然子供がいることを知った大地は、戸惑いながらも病気に血液検査をしに行くことに。

そこで娘のはなと出会い、何とも言えない父親としての愛情が芽生えてしまいました。

 

血液検査の結果、奇跡的にも大地とはなの骨髄が一致。

2週間後に移植手術を行うことになりました。

 

大地の元ボスで実業家の柴崎要(高橋政伸)は、国会議員である久我早穂子(黒木瞳)と手を組み、麻薬の密輸をしていました。

早穂子は、国民から絶大な指示を得ている国会議員でありなが、裏では悪行を行い、巨額の金を動かしている悪女だったのです。

 

この2人の密会をカメラに納めたいたのが柴崎の愛人で、検事の月島楓(芳根京子)が送り込んだ協力者。

楓は家族を壊された過去の事件を調べていて、調べるうちに柴崎と早穂子の関係を知り、

確たる証拠を掴むために、協力者に柴崎を監視させていたようです。

 

大地が病院から仕事場へ帰ると、いつも店に来ていた常連が、看病をしに来てほしいと連絡があったことを知ります。

実はその女性は柴崎の愛人。

家に向かい、ノックしても返事がなかったので、家に上がると、後ろから殴られ気絶してしまいます。

 

大地が目を覚ますとそこは血の海で、横には刺されて横たわる柴崎の愛人がいました。

大地は警察に殺人容疑で捕まり、これが柴崎の罠だというとこに気付きます。

 

スパイに差し向けていた柴崎の愛人が柴崎に殺害されてしまった。

月島も結城の事件を追っていました。

 

8年前に父親を刺した犯人黒幕である柴崎と早穂子を追い詰めるために、

結城を追い詰め、真相をつかもうと必死に捜査をしていました。

8年前、月島の父親は柴崎が進めるある商店街を撤去する運動をしていて、

柴崎が商店街に火をつけようとしていることをしり抗議。

そして柴崎に刺されました。

 

一命は取り留めましたが、2年後に死亡した父親。

その時に身代わりに逮捕されたのが結城でした。

ちなみに月島は柴崎が自分の父親を刺した現場を目撃。

結城が無実であることをしっていました。

 

さらに、留置所の中でも命を狙われてしまう。

このままでは2週間後のはなの手術に間に合わず、絶対に生きないといけないと思う大地。

すると、大地を護送中の車が事故を起こしてしまいます。

その隙に大地は必死に逃げ出します。

 

その頃、検事の楓は大地の事件を自ら志願して担当することに。

そして自分が送り込んでいたスパイが、デジカメをどこかに隠していること知りました。

そのことを知った柴崎も、殺し屋に大地を追わせます。

大地は、警察、検事、殺し屋、柴崎、そして久我に追われながら、決死の逃亡を続けます。

 

捜査を続けるうちに、大地が冤罪ではないかと思い始めた楓と刑事の有馬。

娘を助けたいという大地の気持ちに賛同した元ボス。

8年前に別れたのが冤罪により服役するためだったことを知ったすみれも、大地を逃がすために協力し始めました。

そして捜査が進むにつれ、すみれの恋人である有馬は、大地がはなの父親であることを知ります。

 

デジカメを柴崎に奪われてしまった大地は、楓と協力して柴崎の家に忍び込むことに。

しかし、2人の作戦はバレていたので、柴崎の手下の罠にはまってしまいます。

隙をみて逃げ出します。

 

柴崎は矛先をすみれに向け、すみれまで誘拐しますが、大地が無事に助け出しました。

 

そして、早穂子を使って柴崎を陥れ、柴崎の悪行を暴くことが出来たのです。

悪事で大金を得た早穂子が高飛びしようとしていましたが、

柴崎の逮捕により、早穂子を追いつめることに成功。

 

手術当日、無事に骨髄移植は成功し、はなは回復へと向かいます。

すみれの恋人だった有馬は身を引き、大地とすみれとはなの3人は、

8年間の溝を埋めるかのように幸せな時間を過ごします。

 

しかし大地は、自分がはなの父親に相応しくないと思い、2人の元を去ることを決意。

すみれは「いつまでも待ってる」と伝え、大地は自分の生きる道へと進んでいきました。

 

ハッピーエンドですが、結城がなんだかかわいそうな気もしてきます。

こちらはあくまでも韓国版のネタバレとなります。

日本版はどんな風に描かれているのか楽しみですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました