「ザファブル」漫画を無料で読む方法は?17巻あらすじネタバレ  

U-NEXT

映画化をされ今話題沸騰中の「ザファブル」

「ザファブル」漫画無料で読む方法があるのはご存知でしょうか?

今回は無料で読む方法を紹介します。

また17巻あらすじネタバレもまとめてみたので、参考にしてみてくださいね。

[関連記事]

➡︎「漫画ザファブル13巻ネタバレ」

➡︎「漫画ザファブル14巻ネタバレ」

➡︎「漫画ザファブル15巻ネタバレ」

➡︎「漫画ザファブル16巻ネタバレ」

 




「ザファブル」漫画を無料で読む方法は?

 

「ザファブル」は、伝説の殺し屋のファブルが普通の生活をするという内容です。

伝説の殺し屋にもかかわらず、ファブルはおかしくて読んでいると笑える漫画となっています。

そして何と言っても殺し方が素晴らしくスカッとします。

オススメの作品です。

「ザファブル」の漫画を無料で読む方法はU-NEXTで無料体験をすることです。

31日間無料で楽しむことができます。

また、31日間の無料体験中に解約をすれば完全無料なのでご安心してください。

ぜひU-NEXTで無料体験してみてくださいね。

➡︎「U-NEXT 登録・解約方法」 

 

「ザファブル」【17巻・あらすじ】

前巻にて真黒組の浜田組長が暗殺され、ファブルと同じ殺し屋組織の顔役幹部・山岡による怪しき殺戮劇の火蓋が切って落とされた、、、。

そんな中、今巻では、太平市壊滅を目論み、新たなる殺し屋2名が中国より激帰還、、、。

佐藤兄妹を巻き込んだ熾烈な戦いが始まってゆくのであった。

そして妹ヨウコが山岡への命懸けの復讐を開始する!!!

「ザファブル」【17巻・ネタバレ】

 

※ここからは17巻のネタバレとなりますので、希望されない方はお気をつけください。

 

眼鏡の奥に寸分の隙もない男。品定めするかの如く指を鳴らしマツの様子を伺っています。

山岡の指示で荷物を運ぶところだと知った男は、意外にも手伝ってくれます。

そして男は山岡が貼っていた写真に気づき”それは山岡が道楽で選ぶ死のリスト”だと忠告します。

ずいぶん親切だなと言われると、仕事が仕事なので普段はなるべく人に優しい気遣いを持つようにしてる。

それがいい隠れ蓑になるのだと答えます。

そして男性はマツにネガティブになりすぎだから楽に考えたほうがいいとアドバイスするのだった。

 

一方、佐藤明は帰宅してヨーコ作ったカレーを食べていました。

真黒組は静かだとこぼすヨーコ。

「気になっているのは山岡だろ」と返す佐藤明。

「子供の頃に一度会っただけなのにどうして気になるんだ」とヨーコに聞く佐藤明。

ヨーコは「両親が亡くなったショックで記憶障害があったけど、あの時の事を色々思い出すから山岡に会って確かめたい事がある」と答えるのだった。

 

今日はバレンタイン。

佐藤明はヨウコから預かっていたチョコを社長に渡します。

そしてミサキからも社長と佐藤に贈り物が。

チョコ嫌いの佐藤明のためにミサキが選んだのは”サンマの高級塩麴漬け”でした。

 

その頃、山岡は今回の目的を眼鏡の男に説明していました。

目的はは砂川に真黒の実権を握らせて組織の仕事を増やすこと。

そしてより面白いシチュエーションにするために、佐藤兄妹とユーカリたち2人をぶつけることです。

殺るかどうかは別として、組織での立場を明確に示したいからです。

山岡は眼鏡の男に「アザミ」と名付けます。

 

その時、マツが用意した総合チャンプの2人が到着します。

2人の今一番楽しいこと、それは格闘技ではなくSEXをすることでした。

女に酒を飲ませ眠剤を混ぜて仲間でまわしまくるのです。

今回は目隠しなし。

なぜなら彼らは今日ここで処分されるからです。

 

目隠し無しの格闘王2人が、山岡、ユーカリ、アザミの待つ倉庫の中へ1人ずつ入っていきます。

昨日とは違うユーカリの動きに、プロだと気づく格闘チャンプ達。

ユーカリはパンチとケリと絞めを禁止されていたのですが、手首だけでも余裕に勝てます。

今までさんざん好き勝手にやってきた男ですが、今夜で終わりだと宣告されます。

 

一方、山岡のことがきになるヨウコは、クロから真黒組の動向を聞き出していました。

クロは次期組長は海老原で、明後日の幹部会で次期若頭が決まるが砂川が有力だと答えます。

「急にどうしたの」と聞くクロ。

ヨーコは自分達は浜田組長の親戚と言う形で家に住まわせているので関係性がどうなるか気になると言う。

クロは内情を知っている海老原が組長になるからこれまで通りと答えます。

 

格闘チャンプは命の危険を感じ土下座をして謝ります。

面白みがなくなったユーカリは銃を手に取り早々に始末しようとします。

 

その頃、マツの指示でもう一人の男性が倉庫に入ろうとしたがそこへヨーコがやって来て男性を催涙スプレーと締め技で気絶させる。

マツと会話して倉庫に山岡がいると知ったヨーコは倉庫に乗りこむ。

思わぬ登場に山岡は舌打ちし、シナリオ通りだとお前の出番はまだ先だと言う。

山岡「はどうしてここがわかった。アザミはマツ達はどうした」と聞く。

ヨーコは「マツ達は紳士的に対応したら自分の立場を理解してくれたと、場所は自分は素人じゃないから調べれば分かる」と答えます。

 

山岡はヨウコを見て「チッ」と舌打ちをします。

山岡のシナリオではヨウコの出番はもう少し後だったからです。

「女を動けないようにしたら解放してやる」と言われた格闘チャンプは

ヨーコとやることになるのですが、ヨウコに一瞬で動けないようにされてしまいます。

 

どうしても昔の出来事が気になり、山岡とサシで話しがしたいヨーコ。

ユーカリがうずくまっている男を処分しようと銃を構えるのですが、ヨーコは銃口の前に立ち塞がります。

「そうゆうのやめてくれる。気分悪いのよ。アタシを撃てば?」

さすがにユーカリもヨーコを撃つことはできませんでした。

ヨウコとユーカリのタイマン勝負が始まろうとします。

山岡はシナリオを勝手に進められるのが気に入らず、ユーカリを怒りその場を収めます。

そして明日の同じ時間に、山岡の方からヨウコの家に出向くと約束します。

練り上げてきた台本の改変を余儀なくされた山岡は、主演女優をミサキに決めていました。

 

ヨウコが山岡に会った翌日、そんなことなど知らない佐藤明はいつも通りバイトへ。

社長の目から見て、ミサキは明らかに佐藤を意識し始めているのです。

ミサキに揺さぶりをかけ、反応をうかがう社長。

 

ヨーコのおかげで命を救われた格闘チャンプ。

首に鈴を付けられ”スズムシ”と名付けられパシリにされていました。

銃で脅され逃げ出すこともできません。

 

夜、山岡はヨーコの部屋へ。

ヨーコは壁際に隠れフライパンで山岡の頭を狙います。

山岡は確かにあの時「でもコレで計画通りだろ」と言っていました。

(という事はコイツが家を燃やしてアタシの両親を殺した)

 

フライパンを山岡の頭めがけて振り下ろすヨーコですが、山岡に避けられてしまいます。

一手一手手合わせをするも軽くあしらわれるヨーコ。

スピードは互角、パワーと勘の良さで明らかな違いが出たのです。

ヨーコは山岡を動けないようにしてその後尋問するつもりでした。

しかし山岡はそんなことをしなくても包み隠さず真実を話してくれます。

ヨーコの考えていた通り、やはりヨーコの家を燃やして両親を殺したのは山岡でした。

幼い頃から記憶力に秀でたヨーコ。

その能力に組織は目をつけていたので、山岡がやらなくても誰かがやって結局ヨーコはここにいるでしょう。

「俺を殺りたいならいつでも来たらいい。

だがその程度じゃまだ無理だ。

当然俺が返り討ちにする。

チャンスは一回だと思え。」

 

両親殺害をさらりと言ってのけた山岡に、ヨーコは戦う方法を考えなきゃいけないのに溢れる涙。

力ではユーカリも相当のヤツ。

アザミも組織の者としてヨーコより上である事は確かです。

ヨーコは武器を調達することを考え始めます。

その時、ヨーコのスマホにマツから電話がかかってきました。

「銃がいるんじゃないか?山岡を敵にまわすなら。」

マツは命の危険を感じていました。

兄の佐藤明が協力してくれるなら山岡を殺るのに協力するというのです。

 

その頃、暗躍する山岡一派に復讐心を燃やす妹・ヨーコのことなど気にも止めず、佐藤明はジャッカルを見ていました。

 

クリスマスのイラストから大人気の佐藤明。

今回はホワイトデーのチラシの他、名刺に載せる社員の似顔絵の依頼も舞い込みます。

13人分、3日後の納期です。

1人描くのに一晩かかってしまう佐藤明は、プロとして3日間徹夜で仕上げるつもりです。

 

そんな中、砂川の若頭が決定します。

これでマツは用無しになり殺されてしまいます。

マツはヨーコに催促の電話をかけるのですが、ヨーコは佐藤明を巻き込むつもりはありません。

逆にマツに時間がないことを利用し、主導権を握り、掛け合います。

 

マツとの取引を制し、兄のレクサスを借りてマツが銃を隠している部屋へと向かうヨーコ。

マツのタイムリミットはスズムシが殺され死体処理をさせられた後。

そうなると明日の夜。

そこでヨーコは夜10時にアジトに乗り込むことを決めます。

 

その頃、海老原は水野とサシで飲んでいました。

「なぁ水野、なんで急に砂川についた?」

今まで対立していたのに急に砂川を若頭として推すのは違和感しかなく疑う海老原。

水野は本当のことを隠し、砂川が若頭になれば風俗の利権が回ってくるからなどと嘘をつきます。

海老原は意味深な言い方で最後にもう一度訪ねます。

「後になって泣き言や言い訳のないように、一回だけ聞いてやる。

砂川と何があったんや?何かあるんやったら言うのはこの一回だけやぞ。」

結局、水野は本当のことを話しませんでした。

 

海老原は佐藤明に電話し、砂川が正式に若頭になったこと、

そして水野が急に砂川を支持する側にまわったことを話し、意見を聞きます。

佐藤明は海老原に「気を付けた方がいい」と助言します。

ファブルの組織の何者かが関わってるとすれば容赦ないと知っているからです。

砂川がもし何か描いてるとしたら、真黒組の乗っ取り。

それには海老原が邪魔になります。

佐藤明は浜田組長にも海老原にもクロちゃんにも世話になっている恩を感じており、

役に立てるなら恩を返したいと思っていました。

「手を貸そうか?」佐藤明はそう言うのですが、海老原は自分で対処する様子。

しかし心配する佐藤明は、クロに連絡をするのでした。

 

18巻はこちら!

 

▼登録はこちら▼

➡︎「U-NEXT 登録・解約方法」 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました