約束のネバーランドの漫画は完結?4巻を無料で読む!あらすじネタバレ 

VOD

映画化もされ今話題の「約束のネバーランド」

原作である漫画完結しているのでしょうか?

映画が始まる前に「約束のネバーランド」漫画やアニメでしっかり復習しておきましょう。

今回は「約束のネバーランド」漫画無料で読む方法を紹介します。

また「約束のネバーランド」3巻あらすじネタバレにも注目です。

【関連記事】

➡︎「約束のネバーランド 映画化!」

 




約束のネバーランドの漫画は完結?

 

「約束のネバーランド」は完結していません。

 

今もなお、ジャンプで毎週連載中。

最新刊である16巻は2019年10月04日に発売されたばかりです。

また17巻は2019年12月6日頃発売予定なのでまだまだ盛り上がってますね。

ぜひ今のうちに漫画をチェックして復習しておきましょう。

 

約束のネバーランド 4巻を無料で読む~U-NEXT~

 

U-NEXTは1,990円/月で利用できる定額制動画配信サービスです。

サイト上には常時150,000本もの動画が並んでいます。

2015年には会員数100万人を超えています。

 

【メリット】

 

  1. 新作動画が豊富
  2. ダウンロード機能でオフラインでも視聴できる
  3. マルチデバイスで再生できる
  4. 複数の子アカウント作れる上に4台同時視聴が可能
  5. U-NEXTポイントが毎月1,200ポイントもらえる
  6. マンガや雑誌も読める

 

なんといってもメリット⑥がU-NEXTの強みです。

マンガ、雑誌だけでなく、ファッション誌・週刊誌・ビジネス雑誌など15ジャンル70誌の最新号が読み放題。

普段から雑誌を購入している方にとってはとてもお得です。

アプリをインストールすればスマホでも読めちゃいます。

通勤時の楽しみの一つになりそうですね。

 

【デメリット】

 

U-NEXTの欠点は、課金する作品が多いことです。

最新作品もあるので月額の他に課金するのは分かりますが、

公式では150,000本中、見放題映像が13,000本と発表しているため、

約20,000本が有料作品ということです。

月に1,200ポイントがもらえますが、動画でもマンガでも500円強の作品が多いため、

ポイントを早く使い切ってしまう可能性があります。

 

まずはU-NEXTで無料体験をしてみましょう!

31日間無料で楽しむことができます。

もちろん無料期間中に解約すればお金はかかりませんのでご安心ください。

 

▼登録はこちら▼

 

➡︎「U-NEXT登録・解約方法」

 

約束のネバーランド 4巻を無料で読む~music.jp~

 

music.jpは、エムティーアイが運営する音楽配信サービスのサイトです。

現在は「動画」と「電子書籍」のサービスが追加され、音楽・動画・電子書籍の3つを利用できます。

月額コースに加入すると毎月ポイントが支給されます。

そのポイントで購入やレンタルをすることが可能です。

そして、いくつかある月額コースによって、もらえるポイント数は異なります。

基本的には見放題のサービスではなく、購入とレンタルを中心としたサイトです。

 

【メリット】

 

  1. 音楽・動画・電子書籍を利用できる
  2. 購入・レンタルが中心
  3. 超高音質の音楽
  4. 国内最大級の18万本以上の動画
  5. 毎月、通常ポイントと動画ポイントがもらえる
  6. ポイント還元で音楽と電子書籍を安く購入できる

 

⑥のメリットが特徴です。

普通に購入するより安く買うことができます。

月額コースのプレミアム会員なら音楽5~20%書籍10%のポイント還元となります。

不定期に割引企画やキャンペーンもしていますので、さらに安く購入することもできます。

電子書籍は、無料でみれるキャンペーンなどもあるので他のサイトより安く購入できる可能性があるということですね。

 

【デメリット】

 

聴き放題や見放題ではないところです。

他のサービスのように基本的に月額料金で”見放題”でみれないのです。

サービス形式の違いといえばそうなのですが、見放題でたくさん見たい方には大きなデメリットかと思います。

500、1000コースはお手軽の料金ですが、テレビコースは料金が高めで少し躊躇してしまいます。

 

『音楽、漫画を定期的に購入している人、動画をみたい人には作品を選べるのでmusic.jpがおすすめです。』

 

まずはmusic.jpで無料体験をしてみましょう。

無料体験中に解約すればお金はかかりませんのでご安心を。

 

▼登録はこちら▼

 

➡︎「music.jp登録・解約方法」

 

約束のネバーランド【4巻・あらすじ】

出荷を宣告されたノーマン。

残された時間は、あと僅か。

イザベラの策略から友を救う為、エマとレイはノーマンと共に計画を練る。

3人が出した答えとは!?

永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!

衝撃の脱獄ファンタジー!!

 

約束のネバーランド【4巻・ネタバレ】

 

3巻はこちら!

 

※ここからは4巻のネタバレとなりますので、希望されない方はお気をつけくださいね。

 

ノーマンの出荷が決まったことを笑顔で告げるママ。

絶望するエマとノーマンのもとにドンとギルダ、そしてレイがやってきます。

エマの足を見て驚く3人に

「折れてるわ、完全に。私が折ったの」

と平然と告げるママに、彼らは絶句することしかできません。

脱獄の際に使おうとしていたロープまで奪われてしまいます。

エマ達はママに連れられてGFハウスへ戻ることに。

 

途方に暮れるドンにレイは言います。

「エマなら足はソッコーで治す。ロープもまた作ればいい。

脱獄はどうにかなるし、どうにかする!今はまず、ノーマンだ」

朝には生きていたシスター・クローネがすでに死んでいるという事実に、

ドンとギルダはショックを隠せませんでした。

ママがレイを切り捨ててシスターを排除したのは、ノーマンの出荷のためだったのです。

 

ノーマンは出荷が迫っていくなか、自分の情けなさを一人で嘆いていました。

「決めたはずなのに、覚悟だってしたはずなのに。

まだ生きたい。死にたくない」

ノーマンがエマの部屋を訪れると、待ち構えていたエマとレイが、口を開きます。

 

「俺たちはお前を死なせねぇ。

ノーマン、お前明日昼、お前ひとりで逃げろ。」

ノーマンになんとしてでも生きてほしいふたりは、彼に逃げたふりをして敷地内に潜伏するように頼みます。

 

しかし、それを断るノーマン。

自分が逃げれば代わりにエマかレイが出荷されてしまうからです。

だから自分が犠牲になるんだ、と。

レイが出荷されない状況を作ればいいんじゃないかとエマがおかしなことを言い出します。

「レイも足折ればいいよ!」

 

自分が逃げることに納得したノーマン。

レイにあることを訪ねます。

「レイはいつどうやって秘密を知ったの?」

「最初から。俺には昔の記憶がある」

門の外のことも覚えているといいます。

 

そして一通り話終えたレイがノーマンに渡したのは、発信器を無効化できる機械。

「全員!ぜったい生きてここを出よう」

そして、いよいよノーマンの出荷の日がやってきます。

 

計画通り、夕方に姿を消したノーマン。

しかし彼は日が沈む前に戻ってきたのです。

部屋に戻って怒鳴るレイに、ノーマンは言います。

「崖だったよ、塀の向こう。

とても、飛び降りられる高さではなかった」

発信機をレイに返すと、使わなかった、と言います。

「お前…最初から戻るつもりだったんだな!

なんで…言ったじゃねえかよ、一緒に生きるって…」

レイの叫びに、「うん、ごめん。嘘ついた」というノーマン。

 

そして荷物をまとめると、ふたりに抱きついたのです。

「今までありがとう。ふたりのおかげでいい人生だった」

 

最後に、レイも顔を見せ、視線だけで別れを告げます。

「大丈夫、絶対あきらめないでね」

ノーマンは今度こそ、エマに最後の別れを告げて、ママと共に去っていきます。

 

優しいノーマンはエマとレイのために逃げないとわかっていた、とママが言います。

「ねえ、ママは幸せ?」

「幸せよ、あなたという子に会えたもの」

そして門まで来たノーマンは、ママにうながされ、扉の中に入ります。

「え?」

何かを見て、驚いたような顔を浮かべます。

 

次の日の朝、いつものように兄弟たちに挨拶をするエマ。

ノーマンが出荷されてから、エマとレイの様子がすっかり変わってしまいます。

 

あっという間に二か月がたち、レイが出荷される日の前日になります。

レイはこう言ったのです。

「本当は諦めてなんかないんだろ?エマ」

それを聞いて、エマは笑います。

 

エマはママをわざとおびきよせ、ドンとギルダにほかのことを任せていたと言います。

おかげで脱獄の準備はもう整っており、いつでも出発できるのだとか。

それを聞いたレイは笑顔を見せ、本格的に計画を立てていきます。

彼の作戦は、夜にハウスに火をつけるということ。

脱獄を火事と見せかけ、その隙に脱出するというのです。

「さぁ、明日と言わず今夜、今逃げよう」とレイが言い、火炎瓶を用意し始めます。

なんとレイは自ら灯油をかぶり始めます。

 

彼の本当の作戦は、自分を犠牲にしてエマたちを逃がすこと。

彼は最後に家族の写真をエマに手渡し、とうとう自分に火をつけてしまったのです。

そのとき、エマの叫び声がハウスに響きます。

叫び声をきき駆け付けたママが見たのは、燃え盛る食堂と、必死な顔でレイを呼ぶエマ。

そしてエマに逃げるように伝えます…が、今までいたはずのエマがいないのです。

 

発信器は正常で、ママはエマがいるであろう場所に向かいます。

しかしそこでママが見たのは、なんと発信器ごと切り取られたエマの耳!

そのとき、彼女はハッとします。

「あの子たち…なに履いてた?」

 

ママがようやく真意に気付いた時、エマ達はすでに森の中を走り抜けていました。

エマとレイは、耳を押さえながら懸命に森を走っていました。

そこで待っていたのは、彼女たち以外の兄弟。

 

なんとエマは、レイが自分に火をつけることを予想していたのです。

ノーマンが予想していたのです。

ノーマンからそのことを聞いていたエマは、もとからレイの計画を壊し、

今日脱獄するつもりだったというわけです。

レイの代わりに燃えていたのはソーセージなどの肉類や、アンナのおさげでした。

 

そして、すでに年長者以外の兄弟たちにもハウスの秘密は話してあります。

しかしひとつだけ前の計画と違うのは、全員を連れて逃げるということでないこと。

エマは、4歳以下の兄弟たちを置いていくことに決めたのです。

エマは4歳のフィルという弟に全てを話します。

すると「やっぱり…そうだったんだね」と言うフィル。

彼は、シスターの言葉やエマたちの態度から、ハウスのことを薄々気付いていたのです。

 

「待てるよ、僕。だから置いてって」

4歳以下の兄弟たちを2年以内に迎えに来るという約束をして、エマたちはハウスを出たというわけです。

 

そのとき、ママはすべての計画に気付き、すでに動き出していました。

しかしエマたちを捕まえに行こうとしたそのとき、ママの服をフィルが引っ張ります。

 

 

5巻はこちら!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました