銀行

ワーキングホリデー

仕事を始めるうえで必要になるのが銀行口座です。

ここでは銀行口座開設について、銀行の種類について書いていきたいと思います。




銀行口座開設に必要なもの

・パスポート

・デポジット(何ドルでも構いません)

・現在の住所

銀行の種類

・ANZ(私はこの銀行でした)

英語に自信がない方はこちらでの開設をおススメします。

日本にも支点があるため日本で開設してから行くのもいいですね!

ただ現地で住所の確認や暗証番号を設定することがありますのでお忘れなく。

私はゴールド・コーストで働き始め、サーファーズパラダイスのど真ん中にあり日本人スタッフがいて安心だったためANZにしました。維持費もかかりませんでした。

・Nab

維持費がかかりません。無料です。

・Commonwealth

ATMが多いのはこちらの銀行かなと思います。

維持費は4ドルかかります。

・Westpac

この銀行を使ってる人は私の周りにいませんでしたが、有名な銀行かと思います。

手数料は5ドルかかります。

 

オーストラリア内にはATMが多いです。ショッピングセンターにもほとんど全部の銀行のATMがあります。特に銀行口座の違いはありませんし、仕事先に指定されることもありません。

日本で銀行口座を一人で開設したことなかったため海外で開設することが不安でしたが、日本よりもシンプルで、その場ですぐ口座をもらえるため簡単でした。

開設後

一週間くらいしたら家にキャッシュカードが届きます。

キャッシュカードがなくても引き出し、お預かりは銀行に行けば出来ます。

通帳がない!

オーストラリアには通帳がありません。

印鑑も必要ないため、残高の確認方法はATMか携帯のアプリです。

キャッシュカードがデビットカードとなっているため使いすぎたりすることはないので大丈夫です。

Eftpos(エフトポス)

オーストラリアはATMのキャッシュカードにデビットカード機能がついているためスーパーでもどこでも使えます!いくらからでも使えますが、手数料がかかるお店もあるため気をつけましょう。

カードをかざすだけで利用できて暗証番号入力する必要はありません。

オーストラリアはカード社会なので、このカードがあるととても便利です。

銀行開設に必要な単語

・Saving account(普通口座)

・Pin number(暗証番号)

・Open(開設)

・Withdraw(引き出す)

・Deposit(預金)

こちらの単語を知っておけば問題ないです。

Can I open my bank account?

と銀行のスタッフに言えばオッケーです!

口座維持費

私はたまたま維持費がかかりませんでしたが、どこの銀行も月5ドルはかかるかと思いますので上の銀行の種類を見比べて自分に何が合っているのか、自分の家の近くにあるATMは何かを考えてから開設しましょう!

金利

日本との大きな違いは金利の良さかとおもいます。

私の時はキャンペーン中だったため約3パーセントでした。

普通口座でしたがネットバンキングと普通口座を開設し、ネットバンキングの方が金利がよかったため下ろしたりしないお金はネットバンキングの方に移動して貯金していました。

スーパーアニュエーション(Superannuation)

銀行口座開設の際に年金口座を開設するか聞かれますが、帰国する際に閉じないといけないですし、働く上で必要ありません。

スキミング

カード会社なためカードの犯罪は日本より多いです。

また通帳もないため残高を確認する人も少ないです。

ATMで暗証番号を入力するときも後ろに人がいないか、スーパーの時はきちんと片方の手で隠す、など日本よりも気をつけましょう!

銀行口座を開設するときとてもドキドキしましたが、一人で全てを終えたときは達成感に満ち溢れていました。私は日本人スタッフがいるからANZを選んだのに開設するさい対応してくれたスタッフは韓国人でした。全て英語だったので大変でしたが、オーストラリアにきたなぁということを痛感しました。

皆さんも銀行口座を開設するのは大変かと思いますが、終わった後達成感に満ち溢れますので頑張って下さい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました