「死役所」の漫画、アニメを無料で楽しむには?あらすじネタバレ1巻

VOD

TOKIO・松岡昌宏さんが主演でドラマ化している「死役所」

毎週水曜 24:12~テレビ東京系列で放送しています。

原作である漫画アニメ「死役所」無料で楽しむ方法を紹介します。

また「死役所」1巻あらすじ、ネタバレにも注目です。




「死役所」1巻を無料で楽しむ~U-NEXT~

 

U-NEXTは1,990円/月で利用できる定額制動画配信サービスです。

サイト上には常時150,000本もの動画が並んでいます。

2015年には会員数100万人を超えています。

 

【メリット】

 

  1. 新作動画が豊富
  2. ダウンロード機能でオフラインでも視聴できる
  3. マルチデバイスで再生できる
  4. 複数の子アカウント作れる上に4台同時視聴が可能
  5. U-NEXTポイントが毎月1,200ポイントもらえる
  6. マンガや雑誌も読める

 

なんといってもメリット⑥がU-NEXTの強みです。

マンガ、雑誌だけでなく、ファッション誌・週刊誌・ビジネス雑誌など15ジャンル70誌の最新号が読み放題。

普段から雑誌を購入している方にとってはとてもお得です。

アプリをインストールすればスマホでも読めちゃいます。

通勤時の楽しみの一つになりそうですね。

 

【デメリット】

 

U-NEXTの欠点は、課金する作品が多いことです。

最新作品もあるので月額の他に課金するのは分かりますが、

公式では150,000本中、見放題映像が13,000本と発表しているため、

約20,000本が有料作品ということです。

月に1,200ポイントがもらえますが、動画でもマンガでも500円強の作品が多いため、

ポイントを早く使い切ってしまう可能性があります。

 

まずはU-NEXTで無料体験をしてみましょう!

31日間無料で楽しむことができます。

もちろん無料期間中に解約すればお金はかかりませんのでご安心ください。

▼登録はこちら▼

 

➡︎「U-NEXT登録・解約方法」

 

「死役所」1巻を無料で楽しむ~music.jp~

 

music.jpは、エムティーアイが運営する音楽配信サービスのサイトです。

現在は「動画」と「電子書籍」のサービスが追加され、音楽・動画・電子書籍の3つを利用できます。

月額コースに加入すると毎月ポイントが支給されます。

そのポイントで購入やレンタルをすることが可能です。

そして、いくつかある月額コースによって、もらえるポイント数は異なります。

基本的には見放題のサービスではなく、購入とレンタルを中心としたサイトです。

 

【メリット】

 

  1. 音楽・動画・電子書籍を利用できる
  2. 購入・レンタルが中心
  3. 超高音質の音楽
  4. 国内最大級の18万本以上の動画
  5. 毎月、通常ポイントと動画ポイントがもらえる
  6. ポイント還元で音楽と電子書籍を安く購入できる

 

⑥のメリットが特徴です。

普通に購入するより安く買うことができます。

月額コースのプレミアム会員なら音楽5~20%書籍10%のポイント還元となります。

不定期に割引企画やキャンペーンもしていますので、さらに安く購入することもできます。

電子書籍は、無料でみれるキャンペーンなどもあるので他のサイトより安く購入できる可能性があるということですね。

 

【デメリット】

 

聴き放題や見放題ではないところです。

他のサービスのように基本的に月額料金で”見放題”でみれないのです。

サービス形式の違いといえばそうなのですが、見放題でたくさん見たい方には大きなデメリットかと思います。

500、1000コースはお手軽の料金ですが、テレビコースは料金が高めで少し躊躇してしまいます。

 

『音楽、漫画を定期的に購入している人、動画をみたい人には作品を選べるのでmusic.jpがおすすめです。』

 

まずはmusic.jpで無料体験をしてみましょう。

 

無料体験中に解約すればお金はかかりませんのでご安心を。

▼登録はこちら▼

 

➡︎「music.jp登録・解約方法」

 

 

「死役所」【あらすじ・1巻】

お客様は仏様です。

此岸と彼岸の境界に存在する、死役所。

ここには、自殺、他殺、病死、事故死……すべての死者が訪れる。

罪無き者は、天国へ。罪深き者は、地獄へ。

あるいは――。

“助けたこと、後悔してるんです。

…こんなことを考えてる、自分が嫌で…

”命を棄ててまで、守りたいものはありますか?

魂抉る死者との対話。

 

「死役所」【ネタバレ・1巻】

 

※ここからは1巻のネタバレとなりますので、希望されない方はお気をつけくださいね。

 

<第1話>

 

自宅のマンションのベランダから、少年が飛び降ります。

飛び降り自殺をした少年が、次に意識を取り戻すと、まるで市役所のような所にいました。

少年は、後頭部がえぐれており、足が明後日の方向へ向いた状態でグニャグニャしています。

 

すると、名札をぶら下げた黒いスーツ姿の男性が笑顔で少年に声をかけます。

「こんにちは、自殺ですね?」

そのは、”総合案内 シ村”少年は、シ村に”自殺課”に案内されます。

シ村に渡された”自殺申請書”を記入します。

 

少年の名前は鹿野太一、中学2年生の12歳。

「僕もう死んでて、自殺してて、ぼっ僕は、

ただ死んで楽になりたいだけなのに…」

そんな様子をシ村は、

「成仏するのに必要な手続きですので、

まぁ落ち着いてゆっくり書いていきましょうねぇ」

といいます。

 

鹿野太一は階段で考え事をしていると自分をイジメていた主犯格”牛尾崇”と遭遇します。

なんと鹿野太一の父親に車で轢き殺されたそうなのです。

 

シ村が再びやってきて

「鹿野さん、本日が手続きの締切日ですが、どうされますか?」

死亡日より49日を過ぎてしまうと冥土の道行きとなるようです。

 

そこは、天国でもなく地獄でもない、何もない場所。

イライラした牛尾は、鹿野太一に暴行を加えます。

「永遠に彷徨ってろ、俺は、一人で天国に行ってやるよ」

と去って行きました。

 

牛尾は自分が天国に行けるものだと思い、

手続きを終わらせ「成仏の扉」をくぐりますが、

彼を待っていたのは地獄行きでした。

 

鹿野太一は、手続きを再開し、シ村にこう願いました。

「お父さんともっといろんな話をしたかった」

そうして鹿野太一は成仏の扉へ向かいました。

 

<第2話>

 

シ村の元にやってきたのは職場で事故にあったある女性。

“人為災害死課”に案内されたその女性は上杉涼子と言い、

頭半分が無く、中身が見えている状態です。

 

生前の上杉涼子は就職活動を続けますが、

前科持ち・執行猶予中の女性を雇ってくれることはありません。

 

するとあるおじさんに出会います。

そのおじさんは訳ありの人を自分の会社で雇っているようです。

上杉涼子もそこで働くことになります。

 

ある日、社長の頭上に鉄板が落ちてきてい、

とっさに社長を押しのけて庇った涼子はそのまま、死んでしまったのです。

 

そして死役所では職員が人を助けて亡くなったのだからと、

”挺身申請書”を書くようにシ村は言いますが上杉涼子は拒みます。

 

その理由は社長には心から感謝しているのに、

助けたことを後悔しているから。

 

現世で行われている涼子のお葬式に場面は変わります。

なんとあの事故は、工場のメンバーが計画していたものだったのです。

 

社長の本性は、ワケありの人間ばかりを集め、

異常な低賃金・重労働を強いり、

保険にも入れず私腹を肥やす、守銭奴だったのです。

 

<第3話>

 

とある幼稚園。

男の子がぶつかりひとりの女の子が転んでしまいます。

その女の子の名前は凛ちゃん。

先生は凛ちゃんの手当をしていると、首にあるアザを見つけます。

先生は母親の虐待を疑います。

今までも凛ちゃんの母親は、同じ服を着ていたり、

二日酔いを理由に入園式も休んでしまうのです。

 

ある日凛ちゃんが帰宅し、

本を読んでいると「うるさい!」と母親に怒鳴られ殴られています。

母親は冷たい視線のまま、凛ちゃんの腕を引きづりベランダに放り出します。

 

しばらくすると、幼稚園の先生が凛ちゃんの家にやってくる姿が見えてきました。

『お母さんが怒られちゃう…お母さん、でちゃダメ』

その後も、雪が降る中ベランダにいる凛ちゃん。

 

<第4話>

 

凛ちゃんはおもらしして濡れてしまった服が冷え込み、

ガタガタと震えていました。

 

イシ間とシ村がパソコンをしていると、

そこに絵本を抱えた凛ちゃんがやってきます。

凛ちゃんは自分が殺されたとは思っていません。

早く成仏すればまたお母さんに会えるかもしれないとシ村がいうと、

凛ちゃんは「ありがとう」と笑顔を見せるのでした。

 

現世では凛ちゃんのお葬式が行われていました。

しかし凛ちゃんの母親は、

彼氏に対して

「お荷物なくなったし結婚してくれるよね?」

というのです。

 

そこに警察がやってきて、母親に殺害容疑で逮捕状が出ていると言います。

 

場面は戻り死役所では、イシ間が凛ちゃんの母親がこの役所の職員になるのではと心配。

この死役所は、死刑になった者のみが働ける場所なのです。

 

<第5話>

 

死役所に響き渡るほどの怒鳴り声でシ間がもめています。

その相手は江越伸行。

死刑になってここにやってきました。

死刑になった理由には”子供を5人殺したから”

 

コンビニでバイトをしていた江越は、態度が悪くお客様を怒らせてしまいます。

何もしないで稼げる方法はないかと探していると、

死刑囚が独房で過ごし食事も出てほとんどが自由時間だと知ります。

そして死刑になる方法を調べたのです。

 

小学校の通学路に車をツッコミ、多くの子供達が犠牲になったのです。

捕まった江越は「死刑になりたかった」と笑顔で言うのです。

 

死刑課では江越が死刑だと成仏できないと言うことで文句を言っています。

キレ出し、机を蹴って何のために死刑になったんだと怒鳴ります。

 

そこでシ村が提案したのは、冥途の道行き。

冥途の道は何もない真っ暗な道で彷徨うだけの場所です。

それを聞いた江越は、冥途の道の方が楽だとあっさり採用試験を断り冥途の道行きを決めました。

 

死刑課ではソファでくつろぎながら、子供達を殺した時のことを嬉しそうに思い出しています。

そこにやってきたシ村。

張り付いた笑顔のまま冥途の道を彷徨う江越にお気をつけてと言います。

そして真っ暗な闇の中に江越は吸い込まれていきます。

 

2巻はこちら!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました