紅白歌合戦2019年に米津玄師は出演するの?米津玄師のプロフィール

紅白

紅白歌合戦2019年の出演者が発表されました。

今年も豪華なアーティストがたくさん出演します。

しかし米津玄師さんの名前が紅白歌合戦にないんです。

驚きを隠せません。

紅白歌合戦2019年米津玄師さんは出演しないのでしょうか・・・。

そして米津玄師さんプロフィールに注目です。

 




紅白歌合戦2019年

 

番組名:「第70回NHK紅白歌合戦」

放送チャンネル:NHKG ラジオ第一 BS4K BS8K 

放送日:令和元年2019年12月31日

放送時間:午後7時15分~午後11時45分

カッコ内は出場回数を表しています。

<紅組>

aiko(14)

いきものがかり(11)

石川さゆり(42)

AKB48(12)

丘みどり(3)

欅坂46(4)

坂本冬美(31)

椎名林檎(7)

島津亜矢(6)

Superfly(4)

天童よしみ(24)

TWICE(3)

乃木坂46(5)

Perfume(12)

日向坂46(初)

Foorin(初)

松田聖子(23)

MISIA(4)

水森かおり(17)

LiSA(初)

Little Glee Monster(3)

<白組>

嵐(11)

五木ひろし(49)

Official髭男dism(初)

関ジャニ∞(8)

Kis-My-Ft2(初)

King & Prince(2)

King Gnu(初)

郷ひろみ(32)

GENERATIONS(初)

純烈(2)

菅田将暉(初)

DA PUMP(7)

氷川きよし(20)

福山雅治(12)

Hey! Say! JUMP(3)

星野源(5)

三浦大知(3)

三山ひろし(5)

山内惠介(5)

ゆず(10)

 

紅白歌合戦2019年 米津玄師は出演するの?

 

出演者の中に米津玄師さんがいないのになぜ出演するのか?と期待されているのでしょうか?

 

理由は

発表済みの出場者が昨年より7組少なく、しかも白組(20組)が紅組(21組)より1組少ないというところです。

 

「昨年初出場し、今年の音楽界で1人勝ちだった米津玄師(28)のために残している“米津枠”もあるといわれています。

加藤CPも『皆さんの期待が高まれば出演交渉させていただくこともある』と発言しているし、

すでに水面下で接触中との話も。

今年ヒットした『馬と鹿』はラグビーがテーマの連ドラ『ノーサイド・ゲーム』(TBS)の主題歌。

W杯で沸いた年を象徴する曲として、これに優るものはない」

(芸能デスク)

 

出演交渉しているのかを聞かれた加藤英明チーフプロデューサーは

「現時点でこのリストに載っていないアーティストの具体的な交渉の内容は控えさせていただきたい」

と説明しました。

 

昨年、紅白に初出場した米津玄師さんは、

故郷・徳島県鳴門市にある大塚国際美術館内のシスティーナ・ホールから中継で代表曲「Lemon」を熱唱。

テレビ歌唱自体が初めてだったことから大反響を呼びました。

 

加藤英明チーフプロデューサーは

「去年あれだけインパクトのあるシーンを残していただいたので、

皆さんの期待がより高まれば出演交渉することがあるかもしれません。

現時点では個別のアーティストについての回答は控えさせてください」

と言葉を濁したそう。

 

「ここ最近の紅白の流れで、サプライズゲストを小出しに発表しながら、

世間の注目を集めていく手法をとっているため、

まだまだ出演者は増えそうです。

初出場のFOOrinに『パプリカ』の楽曲を提供した米津玄師と

NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』の主題歌を歌ったスピッツは、

今後出演発表がなされると期待されています。

ほかにサプライズ候補として挙がっているのが、矢沢永吉、GLAYといった面々です」

(音楽関係者)

 

『パプリカ』のFOOrinが出演するので、米津玄師さんが出演する可能性はありそうですね!

特別枠で米津玄師さんが出演することを期待しながら追加の発表を待ちましょう。

 


 

紅白歌合戦2019年<米津玄師・プロフィール>

米津玄師(KENSHI YONEZU)

本名 / 28歳 / 徳島県出身

別名義:ハチ

作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・イラスト・アニメーション動画

 

ハチ名義でボカロシーンをし、2012年本名の米津玄師としての活動をスタート。

独特なサウンドメイクをした楽曲の強さ、リアルな言葉の数々は圧倒的。

今の音楽の世界にはない新鮮さを鮮烈に刻み話題を呼びます。

2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間アルバムランキング1位。

iTunes週間チャート1位。

Billboard Japan週間チャート1位。

三冠を達成。

2015年度レコード大賞優秀アルバム賞受賞。

 

2016年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年企画 “やり過ぎ” コラボ、

ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」公式イメージソング。

佐藤健さん、有村架純さんが主演の映画「何者」の主題歌を中田ヤスタカ×米津玄師として初のコラボレーション作品として発表。

 

同年9月に発売したシングル「LOSER / ナンバーナイン」はオリコン週間シングルランキング自身最高の2位を記録します。

 

2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを担当。

 

自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、iTunesチャート、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得。

配信11冠。

 

6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした

「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。

iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。

 

8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、

ハチ名義の「砂の惑星」を発表。

ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。

 

また、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌をプロデュース。

「打上花火」DAOKO×米津玄師として発表しました。

 

11月には4枚目のアルバム「BOOTLEG」を発売。

オリコン週間アルバムランキング1位。

iTunes週間チャート1位。

Billboard Japan週間チャート1位、そのほかウィークリー1位の23冠を達成。

 

2018年1月からはTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として

「Lemon」を書き下ろし“トリプル・ミリオン”セールスを記録します。

「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。

日本レコード協会にて「史上最速」の300万DL認定など音楽史に残る記録を達成。

 

8月には「<NHK>2020応援ソング」として、小学生ユニットFoorinがうたう「パプリカ」を発表。

10/31には両A面シングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」をリリース。

表題曲の1つ「Flamingo」Music VideoはYouTube公開から3時間で100万再生突破と自己最速を記録。

オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。

「Lemon」は、2018年・年間ランキング各主要チャートを総なめにします。

 

昨年末には紅白歌合戦に初出場。

初のテレビ歌唱が話題を呼び、MV4億再生を突破。

デジタル・フィジカル合算300万セールス突破。

年度を象徴する楽曲となり、2019年上半期チャートにおいても、首位を獲得。

 

2019年5月、菅田将暉さんの「まちがいさがし」をプロデュース。

6月にはアニメ映画「海獣の子供」主題歌として「海の幽霊」をリリース。

MVは公開後4日と12時間で1,000万再生突破と自身最速記録を更新。

首位18冠を獲得。

8月には、子供たちの間で最も人気のあるキッズソングとして定着したFoorinがうたう「パプリカ」のセルフカバーバージョンを発表。

 

また、MVに関しては、「Lemon」が4億再生と日本人アーティスト初の記録を更新し続けているだけでなく、

1億再生が9作品という圧倒的な記録を達成。

(『Lemon』『アイネクライネ』『LOSER』『ピースサイン』『灰色と青(+菅田将暉)』『orion』『Flamingo』『打上花火』「パプリカ」)

公式YouTubeチャンネル登録者数は400万人を突破しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました