「影裏」映画のあらすじ、キャスト!原作小説のネタバレに注目してみた

映画

第157回芥川賞を受賞した話題小説「影裏」が綾野剛さんと松田龍平さんで映画化されます。

「影裏」映画あらすじはどうなっているのでしょうか。

また「影裏」キャスト陣も気になります。

そして原作「影裏」ネタバレに注目です。

 




「影裏」

 

公開日:2020年2月14日(金)

出演:綾野剛、松田龍平、筒井真理子、中村倫也、平埜生成、 國村隼、永島暎子、安田顕

監督:大友啓史

原作:沼田真佑『影裏』(文藝春秋)

脚本:澤井香織

音楽:大友良英

 

『日本で一番悪い奴ら』などの綾野剛さんと『舟を編む』などの松田龍平さんが共演し、

沼田真佑さんの小説が原作の人間ドラマでっす。

監督は『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史さん。

『よこがお』などの筒井真理子さんです。

 

「影裏」ーあらすじー

会社員の今野(綾野剛)は岩手に転勤し、そこで同僚の日浅(松田龍平)と知り合う。

一緒に飲みに行ったり、釣りに行ったりするなど、

まるで遅い青春時代のような日々を過ごすうちに、今野は日浅に心を開いていく。

だがある日、日浅は今野に何も告げずに突然退職し、その後しばらくしてまたフラリと姿を現す。

 

「影裏」ーキャストー

 

今野秋一役・綾野剛さん

盛岡に赴任した青年

<綾野剛さん・コメント>

これほど愛おしく苦しく刹那な人を生きたことがありません。

私の中で静かに生きていた感情を、今野秋一は呼び覚ましてくれました。

そして日浅は、今野の中で生きる微かな影裏を見つけてくれた。

そして照らしてくれた。私はあなたを忘れません。

影裏で生きる全ての人々に出会えた事、大友監督の眼差し、

各部署の愛、松田龍平さんが日浅であったからこそ、私は私で居られた。

心から感謝します。

 

日浅典博役・松田龍平さん

今野の同僚でふらっと現れては消える

<松田龍平さん・コメント>

大友組のもと、『影裏』で日浅を演じました。

表があればもちろん裏もあって。

大抵の人は裏は見せないもので。

人によっては裏表なんてものは大して差がないのかもしれませんが。

どんな映画になるのか、とても楽しみです。

 

日浅征吾役・國村隼さん

隠された真実を今野に告げる日浅の父

<國村隼さん・コメント>

大友監督とご一緒するのは初めてなのですが、

登場人物のそれぞれの心象風景を静かに描きながら、

そこにはダイナミックな背景がかくされている、

違う側面のものがひょいと立ち現れる面白い世界観だと感じました。

今までの監督の作品イメージとはまた少し違った新たな大友監督の世界なのだと。

私の演じた日浅征吾という人物の元に、主人公の今野が息子の事を聞きたいと訪ねてきて、

二人が話すうち、だんだんと会話の中から親子の微妙な人物像と関係性がほの見えてくるという、

とても濃密なシーンとなりました。

緊張感を目一杯楽しんで、そこから解放されての盛岡駅でした。

 

西山役・筒井真理子さん

今野と日浅の同僚で、必死に日浅を探す謎めいた存在

<筒井真理子さん・コメント>

震災のような理不尽な事が起きると社会は無意識のうちに“見えにくい人たち”について触れなくなる。

そこに切り込んだ物語に命を吹き込んだ大友監督をリスペクトすると共に、

今野と日浅をリアルに生きた綾野剛さんと松田龍平さんをぜひ劇場に観に来てください。

 

副島和哉役・中村倫也さん

今野を深く理解する昔の友人

<中村倫也さん・コメント>

今回も非常に難易度の高い役でした。

綾野さんの呼吸を感じながら、大友監督の眼差しを頼りに、

人間関係の生暖かい歪みが垣間見えるように慎重に演じました。

伸び伸びとした切なさを、作品の中に残せていたら嬉しいです。

ぜひご期待ください。

 

日浅馨役・安田顕さん

疎遠になってしまった弟に複雑な感情を抱く日浅の兄

<安田顕さん・コメント>

脚本を拝読し、静かに流れる時間の中、登場人物の心のチラチラとした灯火が随所に垣間見えるような作品に感じました。

撮影で岩手に向かう道中、原作の「影裏」を読んでましたら、

自分が演じる役が出てこなくて、ちょっとだけびっくりした思い出があります。

大友監督の映画として登場の場を作っていただき、心より感謝申し上げます。

 

清人役・平埜生成さん

今野の歳下の友人

<平埜生成さん・コメント>

平埜生成と申します。大友啓史監督に宝物を頂きました。

綾野剛さん、松田龍平さんとともに過ごした時間は大きな財産になりました。

岩手の空気を吸い、お祭り見物をし、宮沢賢治に触れ、

美味しい食事、そして、山の中で美しい自然と肉体を調和させる時間。

短い時間でしたが、全てが心地よく撮影に臨む事ができました。

ナマの生命が鼓動をうつ瞬間まで映っている映画だと思いました。

是非、劇場で体感していただきたいです。

 


 

「影裏」原作ネタバレ

 

※ここからはネタバレとなりますので、希望されない方はお気をつけくださいね。

 

ネットの衛星写真からでも鳥瞰できる深い緑の画像。

岩手はとにかく山地が多いので、それだけ森林の密度も濃厚だから、いたるところに生き物がいます。

 

そんな岩手県盛岡市に会社の出向で移り住んだ今野。

川釣りが趣味になっていました。

相棒は、同じ会社の日浅という男。

 

日浅は、大学時代を東京で過ごしていたこともあり、

田舎にはめずらしく都会的な雰囲気がありました。

どこかアウェー感があった今野には、日浅には心地よかったのです。

 

日浅という男は、何か大きなものの崩壊に脆く感動しやすい体質。

釣りの途中で見つけた大きな倒木にまたがり、

「水楢(みずなら)だ、今野」と、はしゃぐ無邪気さも。

ある時は、数百ヘクタールもの土壌を焼き尽くした森林火災に興奮し、

焼け跡を見に出かけたりすることも。

ものごとに対し、共感ではなく感銘をする、

そういう神経を持った人間だ、と今野は勝手に日浅を分析し楽しんでいました。

自前の携帯電話を持たない日浅との約束は、会社内で彼を見つけて、約束をしていました。

 

そんなある日の朝。

今野がいつも通り出勤すると、なんと日浅が会社を退職していました。

自分に何の相談もなしに辞めたことに驚きはしたものの、

日浅らしいと思い、今野は応援していました、日浅が会社を辞めてから4カ月。

 

連絡手段は途絶え、日浅からの連絡もありません。

釣りが好きで、車の運転が得意で、付き合いやすい同世代の独身の男、

一緒に一升瓶をあけてしまえる友人を今野は欲していました。

 

しかし、再び日浅が、今野の前に姿を見せました。

スーツにネクタイ姿の日浅から渡された名詞には「フューネラルマネージャー日浅典博」と書かれていました。

日浅は、互助会の訪問型営業をしていました。

聞けば、会社を辞めて2日後には今の会社に入社しており、

営業成績は岩手県下で最優秀の成績を残しているとか。

以前の日浅の自由業者風の面影はどこにもなく、

足早に帰っていく日浅に今野は、距離を感じました。

 

そして、またしても日浅は突然姿を現しました。

 

「すまねえが、今野よ。互助会、入ってくんねえだろうか。

ノルマに達していないんだ」。

困る日浅に、今野は一口契約することにしました。

 

今野の元に、めずらしく日浅から釣りの誘いがきます。

焚火して一晩ゆっくり酒を飲みながら釣ろうということでした。

酒も食べ物も寝袋もあるから、眠くなったら車で休めばいい。

今野は、妙に興奮しているのが自分でもわかっていました。

日浅との釣りが単純に楽しみでした。

しかしその夜の日浅は、陰鬱で全体的に攻撃的でピリピリしていました。

いちいち難癖をつけ、いかにも自分に当てつけるような話を持ちかけてくるのです。

すっかり興ざめした今野は、酒を飲まず帰ることにしました。

自宅でバーボンを飲みながら片づけをする今野。

押し寄せる腹立たしさと虚しさ。

今野はある人物に電話を掛けます。

今野が電話した相手は、副嶋和哉でした。

和哉とは岩手に赴任する前、2年ほど付き合っていました。

電話から聞こえてきたのは穏やかな女性の声でした。

和哉は、別れる直前に性別適合手術を施術するつもりだと公言していました。

「びっくりした、なんか突然って感じで」

そう言う今野に和哉は笑いながら、当時と変わらない態度で接してくれました。

 

そして3月11日に東日本大震災が起きます。

日浅は波に飲まれて死にます。

 

そして今野は日浅の父親に会います。

日浅の父親が語るのは、今野とはまったく違う印象の日浅の姿でした。

変わった友達との付き合い方、都会の大学で過ごしたはずの空白の4年間。

日浅の父親は、今野に大学の卒業証書を見せ、「偽造したんです」と吐き捨てるように言いました。

日浅は大学に通っておらず、4年間親をだまし学費を送ってもらっていたんです。

「息子には特殊な傾向がありましてね。

気味の悪い遊びをしてみたり、決まって一人の人間としか付き合わず、

どれも長続きしない。

小学校の卒業式の日は皆が泣く中、息子はもう一回関わった人間には興味がないようでした。

あの男を、ほかの真っ当な生活者の方々と、同じリストにのせるなんて烏滸がましいことです。

破壊された家屋を物色する不埒な火事場泥棒が横行したそうです。

本来あれはそうした組の人間ですよ」。

今野は日浅のことがよくわからなくなりました。

そして1人寂しく釣りをしているのでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました