スーパー

ワーキングホリデー

生活をしていくのでオーストラリアのスーパーに行くことも増えますね。なのでここではスーパーについて書いていきたいと思います。




スーパーの種類

①woolworths(ウールワース)

オーストラリアで一番有名です。生活用品から雑貨までなんでも揃います。私はウールワースに売っている自社ブランドのピザパンが大好きで毎週買っていました。

②coles(コールズ)

ウールワースと同じくらい有名なスーパーです。売っているものはほとんど変わりませんが、私はコールズに売っている量り売りのお菓子が大好きでした。身体にいいナッツなども量り売りで買えます。

③IGA(アイジーエー)

都会より少し離れたところにあります。品数は少ないですが、生鮮食品は豊富かなと思います。値段は全体的に高めです。

④ALDI(アルディ)

他のスーパーよりとにかく安いです。生活用品もここで買い揃えるのがいいかなと思います。見ているだけでも面白いものが売っています。マフィンが1個1ドルで買えるので私はそれが大好きでした。

⑤Kmart(ケーマート)

食品のスーパーというよりは生活用品です。ベットカバーや洋服など安く買えます。下着が必要になったときもここのスーパーをよく利用しました。

有名なスーパーは主にこの5つかなと思います。オーストラリアは物価が高いので有名です。なのでチラシなどをしっかり見て値段をチェックして安いものを買いましょう。

スーパーの特徴

オーストラリアのスーパーは面白くて私は大好きでした。日本とは違うものばかりでとにかく楽しいです。

①全てが量り売り

日本みたいにすでにビニール袋に入っていません。自分たちで必要な量を好きなだけビニール袋に入れるシステムです。私は一人分しか必要なかったのでこのシステムがすごくありがたかったです。野菜類を買いすぎて痛むこともありませんでした。

②値段表記

量り売りが基本なので値段表記も日本と違います。一袋~ドルではなく、100グラム~ドルとなります。なのですごく安いじゃん!と思い買ったら実はグラム表記なので高くなったなんていう経験をした人は多いかと思います。測りが近くにはあるのでしっかり測ることをお勧めします。

③オージービーフ

オーストラリアといえばオージービーフですね。お肉も量り売りがありますが、パックに詰められているものもあります。値段は高いです、オージービーフと言われているのになぜ安くないのか私は不思議でした。

④チーズの量

スーパーに行って私が驚いたのはチーズの種類の量です。オーストラリアの人もビールやワインをたくさん飲みます。なのでおつまみの種類もすごいです。その中でもチーズの量はすごいです。いろんな国のチーズがあります。チーズ好きの人にはたまらないかと思います。ぜひ全種類食べて見てください。

⑤フルーツ

フルーツの種類もたくさんあります。例えばりんごだけでも3種類くらいあります。違いはわかりませんが、、。日本にいたらなかなか食べられないようなフルーツもたくさんあります。私はマンゴーが大好きなのでマンゴーが一つ3ドルで食べられることがとても嬉しかったです。

⑥飲み物ボトルの大きさ

オーストラリアといえば全ての食べ物が大きいです。私がびっくりしたのは牛乳ボトルの大きさです。3リットルの容器で売っていました。こんなにいらないなと思って小さいのを買おうとしたのですが小さいボトルの方が高いのです!なのでみんな大きいのを買うのかぁと納得しました。

⑦日本の食べ物

アジアンショップで買うのも一つの方法ですが、普通のスーパーでも買うことができます。麺類からお米まで買えます。韓国料理も買えます。値段は日本の3倍くらいですが、食べたくなるときはやってくるのでそういうときは我慢せず買いましょう。

スーパーはとても面白く行き慣れていても楽しくて何時間でも入れます。買い物のカートも大きいのでみんなのカートを見るのが私は楽しみでした。スーパーをうまく使い分けて楽しくオーストラリアライフを過ごしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました