成人式の着物!購入とレンタルの相場!人気の着物のデザインは?

成人式

年末共に近づいてくるのが成人式ですね。

今年の成人式はいつなのでしょうか。

また購入とレンタルの相場などもまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 




成人式はいつ?

 

2019年の成人式は1月14日(月)となっています。

成人の日は毎年1月の第2月曜日です。

【対象】 

1998年(平成10年)4月2日~1999年(平成11年)4月1日に生まれた方。

 

成人式の着物 購入の相場

一生に一度なので着物選びは大切ですね。

購入の場合の相場はいくらなのでしょうか。

【着物の相場】 

15万円~20万円くらいです。

着物だけでこのお値段となっています。

小物などを付け加えるとさらに3万円~5万円お金がかかってきます。

振袖の価格は安いものですと、10万円を下回るものもあり、ネットなどだと5万円台で購入することも可能です。

高級品と言われるものになってくると、数百万円は以上のものもあります。

なぜここまで値段が違うのかといいますと、素材の違いや正確な糸目や繊細なぼかし。

染料や色挿しや刺繍などの違いです。

「良い着物は一生もの、代々に受け継がれていくもの」

百貨店や高級呉服屋店での取り扱い商品の値段は50万以上はするかなと思います。

しかし最近では30万円~40万円で揃うと言われています。

なぜかというと、全国展開している大手着物チェーン店、地元の呉服屋さんを中心にお手頃価額で販売しているからです。

皆さんの手元にも着物の案内のダイレクトメールなどが来たりしませんか?

「これってレンタル価額じゃないの?」と思われるほどのお値打ちな価額となっています。

小物も全て揃って20万円なんだとか。

昔の時代を知っている人からすれば驚きの価額ではないでしょうか。

「選べる価額の値段の幅が広がった」ということです。

 

メリット

・卒業式や友人の結婚式などで着られる

・姉妹や親族に女の子がいる場合には着回しができる

デメリット 

・保管や管理が大変

・定期的に手入れなどが必要で、費用もかかる

・本当に良いものは値段が高い(選択肢が限られてくる)

 

成人式の着物 レンタルの相場

 

レンタル料金の値段の相場は平均5万円~8万円ぐらいです。

安いものだと2万円~3万円

高いもので8万円~10万円になっています。

小物も含まれた値段ですから、購入に比べるとかなり安く抑えられますよね。

全国平均で約5~6割以上の方がレンタルなんだとか。

さらに都心ではレンタルの比率が高まり、約7割の人がレンタルだそう。

レンタルの場合は成人式直前になってくると、品数が減ります。

それに加え、レンタル料金が数万円高くなります。

振袖をレンタルで考えているのであれば、早めに予約することをおすすめします。

最近はオーダーレンタルといわれるものが流行っているんだとか。

誰も着ていない綺麗な振袖をそのお客様のサイズに仕立て上げ、

決められた期間が過ぎると、そのお店に返却するという購入とレンタル両方のいいとこ取りしているというサービスです。

  • オーダーレンタル価額だと34万円。
  • お買い上げ価額だと48万円。

と同じ振袖に対して「二つの料金プラン」が表示されているんだとか。

これは「買えば48万円、レンタルするなら34万円です」という意味。

同じ商品であってもお客様に合わせて購入とレンタルの2つが自由に選べるようになっています。

 

メリット

・振袖の購入よりも安い料金で着物が着られる(ワンランク上の振袖も着られる)

・着た後のクリーニングもレンタルしたお店がやってくれるので、保管や管理の必要がない

・振袖をレンタルする度に好きなデザインのものが選べる

デメリット

・他の人と着物の柄が被ってしまう可能性がある。

 

成人式の着物をどちらにするにしても、結構な金額が必要です。

なかなか簡単には決められませんよね。

 

成人式 人気の着物デザイン

 

着物を選ぶ上であまりみんなと被りたくないですよね。

でも人気の着物のランキングは気になります。

ランキング形式にしてまとめてみました。

 

1位・・・赤 

ハレの日に相応わしいおめでたい赤が、やはりダントツ人気No.1です。

日本では伝統的に赤がおめでたい色として使われてきました。

そのため、赤を身につけるというだけで晴れやかなイメージを作ることができます。

ハレの日に正統派の振袖が着たいという人は、赤の振袖を選ぶのがおすすめです。

赤の分量が多いほど、個性的で強い印象になります。

赤地の振袖を着たいけれど、あまり派手なものは嫌だという方には、全体に占める赤の分量に注目して選びましょう。

また、赤と合わせる色によって、印象が全く違います。

優しくしたいならピンク

お祝いの雰囲気を出したいなら

個性を出したいなら黒やグリーンなどをアクセントカラーにした着物がおすすめです。

 

2位・・・ピンク 

洋服でも人気のある色は、着物でもやはり人気ですね。

未婚の若い女性が着る振袖には、優しくて素直な印象のあるピンク。

ひとことでピンクといっても色合いはさまざまです。

淡いピンク、濃いピンクで印象ががらりと変わります。

どんな印象を与えたいか考えて、選びましょう。

人気があるぶん着物の種類もとても豊富です。

私にはピンクは似合わないと思っている人も、気に入ったものを一度顔に合わせてみることをおすすめしまう。

 

3位・・・黒 

シックな黒も人気がある色です。

黒留袖など、礼装としてのイメージが強い黒地の着物ですが、振袖の場合は少し違います。

胸元が黒一色の留袖とは異なり、華やかなお祝い柄が着物全体に施される振袖。

黒は逆に絵柄を引き立てる色になります。

花車や色とりどりの草花、宝物など絢爛な柄も、黒地に配することでピシッと締まって見えます。

また、黒字の着物には全体を引き締める視覚的な効果もあり、着やせしてみえます。

そのため、若い女性に人気がある理由の一つ。

いつもとはガラリと違った自分に変身できます。

普段は淡い色で優しい印象の洋服が好きな人も、振袖は黒地にしてみれば落ち着いた大人の女性をアピールできます。

 

いろんな色がある着物ですがやはり人気なのはこの3色かなと思います。

皆さんに合った着物が見つかるといいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました