レコード大賞出演者の順番発表いつ?2017年の順番と歴代大賞! 

芸能

前回レコード大賞の司会者の発表についてまとめましたが、

今回は出演者についてまとめてみたいと思います。

 

昨年の2017年の出演者の順番、歴代の「日本レコード大賞」についてもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事:「レコード大賞歴代司会者まとめ」

関連記事:「レコード大賞観覧募集と募集方法」

関連記事:「レコード大賞2018各賞受賞者発表!」

関連記事:「Chuning Candyメンバー情報」

関連記事:「BiSHメンバー情報」

関連記事:「レコード大賞2018司会決定」




レコード大賞 出演者の順番発表はいつ?

 

レコード大賞は毎年、出演者の順番は当日まで発表されていません。

そのため、好きなアーティストがいる場合はテレビで待機していないとだめということですね。

しかも、レコード大賞は18時30分から、22時までと長時間放送になります。

ただ例年、だいたい決まったパターンで進行しているので昨年のを参考にしてみて予想してみるのもいいですね。

 

レコード大賞 2017年の出演者順番

 

17時30~ 

■レコード大賞名場面集

■「六本木純情派」荻野目洋子×登美ヶ丘高校

■レコード大賞名場面集

■「箱根八里の半次郎」氷川きよし

■「365日の紙飛行機」AKB48

 

18時30分~

■新人賞コーナー

■「いま、太陽に向かって咲く花」NOBU

■「就活センセーション」つばきファクトリー

■「青いダイヤモンド」中澤卓也

■「ロンディ」UNIONE

 

19時~ 

■功労賞名曲集

■「バトン」徳永英明 【作詞賞受賞】

■「残んの月」杜このみ【日本作曲家協会選奨】

■平尾昌晃名曲集【特別功労賞受賞】

■「瀬戸の花嫁」小柳ルミ子

 

19時30分~

■優秀アルバム賞特集

■「ブルー・シャトウ」The KanLeKeeZ【企画賞受賞曲】

■「サヨナラの向こう側」三浦祐太朗【企画賞】

■「The Way we were」松田聖子【企画賞】

■「夏色」ゆず【特別賞】

■「原宿いやほい」きゃりーぱみゅぱみゅ【特別賞】

■「バブリーダンス」荻野目洋子×登美ヶ丘高校【特別賞】

■「あの鐘を鳴らすのはあなた」和田アキ子【特別賞】

 

20時30分~ 

■「ずっと二人で」家入レオ【作曲賞】

■優秀賞コーナー

■「風に吹かれても」欅坂46

■「手をつなぐ理由」西野カナ

■「RAIN」SEKAI NO OWARI

 

21時~

■「ペッパー警部」ピンクレディー【特別賞・阿久悠】

■「ウォンテッド」ピンクレディー

■「UFO」ピンクレディー

■優秀賞コーナー

■「インフルエンサー」乃木坂46

■「男の絶唱」氷川きよし

■「EXCITE」三浦大知

■「美女と野獣」昆夏美&山崎育三郎【企画賞】

■「男の流儀」三山ひろし

■「願い事の持ち腐れ」AKB48

■「LIFE」AAA

■「キラキラfeat.カンナ」AI×渡辺直美

■「夕月おけさ」天童よしみ【最優秀歌唱賞】

 

レコード大賞 歴代大賞

 

2010年代の日本レコード大賞

■2017年 「インフルエンサー」乃木坂48

■2016年 「あなたの好きなところ」西野カナ

■2015年  「Unfair World」三代目J Soul Brothers

■2014年 「R.Y.U.S.E.I.」三代目J Soul Brothers

■2013年「EXILEPRIDE~こんな世界を愛するため~」 EXILE

■2012年「真夏のSounds good」 AKB48

■2011年「フライングゲット」 AKB48

■2010年「I Wish For You」 EXILE

 

2000年代の日本レコード大賞 

 

■2009年「Someday」EXILE

■2008年「Ti Amo」EXILE

■2007年「蕾」コブクロ

■2006年「一剣」氷川きよし

■2005年「Butterfly」倖田來未

■2004年「Sign」Mr.Children

■2003年「No way to say」浜崎あゆみ

■2002年「Voyage」浜崎あゆみ

■2001年「Dearest」浜崎あゆみ

■2000年「TSUNAMI」サザンオールスターズ

 

1990年代の日本レコード大賞

 

■1999年「Winter, again」GLAY

■1998年「wanna Be A Dreammaker」globe

■1997年「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵

■1996年「Don’t wanna cry」安室奈美恵

■1995年「Overnight Sensation~時代はあなたに委ねてる~」TRF

■1994年「innocent world」 Mr.Children

■1993年「無言坂」香西かおり

■1992年「白い海峡」大月みやこ

「君がいるだけで」米米CLUB

■1991年「北の大地」北島三郎

「愛は勝つ」KAN

■1990年「恋唄綴り」堀内孝雄

「踊るポンポコリン」B.B,クイーンズ

 

レコード大賞 八百長⁉︎

 

三代目JSBの所属する株式会社LDHがバーニングプロダクションと、レコード大賞受賞をめぐって1億円の買収取引をしていたと週刊文春は報じました。

以下は週刊文春より抜粋しています。

 

「2015年末の『日本レコード大賞』をダンス&ヴォーカルグループ『三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE』の曲『Unfair World』が獲得した裏で、

芸能プロダクション『バーニングプロダクション』が、

三代目JSBらが所属する『株式会社LDH』に対して1億円を請求していたことが、

週刊文春の取材により明らかとなった。」

 

また、週刊文春は1億円の請求書の写しを公開しており、請求書はバーニングが通常使用するものと書式や社印が完全に一致していると言われています。

株式会社LDHと取引のあったバーニングプロダクション。

郷ひろみや小泉今日子らが所属する業界最大手の芸能事務所。

その中でも周防郁雄社長は「芸能界のドン」として知られていて、レコ大には周防氏の意向が大きく反映されているんだとか。

 

AKB48は約180万枚を売り上げWミリオンを達成していたため、レコード大賞はAKB48が受賞すると言われていました。

しかし受賞したのは三代目JSB。

彼らの売り上げは約20万枚だったそう。

こういった疑惑から八百長ではないかと噂が立ち始めました。

週刊文春によると、バーニングは傘下に20社以上を抱えていて、

LDHは周防の息子が社長を務める子会社「バーニングパブリッシャーズ」にEXILEや三代目の多くの楽曲の著作権の一部を譲渡しているんだとか。

つまり三代目JSBがヒットすると、バーニングに儲かるという仕組みになっているのです。

 

また、バーニングはスポーツ紙との付き合いが昔からあり、レコ大の審査員を多くの新聞記者が務めているという。

 

バーニングやエイベックス、同賞の放送局であるTBSは報道に対して沈黙を貫いていました。

しかし、レコード大賞の最高責任者であり、”レコ大のドン”と呼ばれる叶弦大氏が謝罪しました。

「このような事態になったことは大変遺憾で、主催者として大変申し訳なく思っています。

業界関係者の皆様、歌謡曲ファンの皆様に深くお詫び申し上げます」

 

真相はわかりませんが、このような証拠もあると完全には否定できませんね・・・。

過去にも八百長疑惑があったそう。

「ようやく出たかという感じ。

毎年、レコ大では同じことが繰り返されていたため、近年は関係各所から“不要論”が出ていた。

もともと、SMAPや嵐を抱えるジャニーズ事務所は早々とレコ大から撤退。

今年は58回目だが、とんでもない舞台裏が明らかになってしまっただけに、60回の節目となる再来年あたりでその歴史に幕を閉じた方がよさそうだ」

(音楽業界関係者)

 

このような噂がありますが、レコード大賞を国民中が楽しみにしていることは間違いなしです。

みんなが納得する結果になるといいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました